わきが TOP > コラム > 日本人はわきが嫌い?密かに苦悩する人の現状

日本人はわきが嫌い?密かに苦悩する人の現状


わきがの正体



日本人でわきがに悩み社会生活に支障をきたしてしまう人が若い人、特に女性に急増しています。

これは女性特有ということではなく、近年になって過剰なまでに臭いを気にする傾向が社会全体で強まっているゆえの現象です。簡単に言えば、脇の臭いですが汗の分泌がたまたま標準よりも若干多めという、疾患というよりは体質に由来するところが大きいものですから、過度に気にしすぎないことが肝心です。そうは言ってもやはり人の評価が気になってしまうというケースでは、疾患として扱われ、専門治療が施されることもあります。

症状の度合いはそれぞれで、デオドラントなど制汗剤である程度臭いを抑えられる場合もありますし、他の対処法もいくつも開発されていますから、自分に自信が持てず苦悩するくらいなら、専門医療の利用を検討してみるのが良いでしょう。

そもそもわきがとは激しく運動した後などにわきの汗腺から発する臭いのことで、往々にして、臭いの説明をする際にあまり良い表現はされないことがほとんどです。臭いの原因は、毛根周辺に位置しているアポクリン腺から分泌される汗が、表皮から分泌される際に、皮脂腺などから分泌される汗と共に空気中の雑菌と混ざり、臭いを発生させることによります。汗腺が毛穴を詰まらせた状態でも、やはり雑菌と混ざり臭いを発することがあります。

いずれの場合も脇毛に雑菌が付着しやすいという点が脇の臭いを強める要因になっています。そのため、最速の方法は脱毛か、汗腺を除去する手術を行うことなのですが、信頼できるクリニックで腕の確かな医師に依頼することによって、半永久的にわきがから解放されます。

実は重度の対人恐怖症が隠れているケースもあり、臭いは一切ないにも関わらず、周囲に不快感を与えてしまっているとの思い込みからきている場合もありますので、精神科治療も合わせて検討してみてください。



日本人と西洋人のわきが感



これだけ日本人のわきがが社会現象にまでなったという背景には、対象となる臭い保有者が相当な数がいるからだと考えるのが自然ですし、実際世界レベルで見る悪臭度はかなり高いのではと予測できるのですが、ある調査では意外なデータをはじき出しています。

鼻につんとくる汗の臭いを発している人と予備軍とを含めて、日本国内では1割程度、つまり10人に1人が対象者となり得ることが分かっていますが、欧米ではなんと7割以上の人が対象者であることが分かっています。

下手をすると、国民すべてが何らかの臭い体質を持っているというのです。確かに海外へ行くと、独特の体臭を感じますし、清潔や臭いへの関心もとてもおおらかです。

日本国内ではわきが体質の人は少数派だからこそ、目立つことを極端に嫌う兆候が強くなってしまうのでしょう。こうなると疾患というよりも精神論になってしまいます。

そもそも日本人の神経質なまでの臭いや清潔への不安は、欧米文化が国内に蔓延し始めた頃から始まっています。実際肉食中心の生活を継続していると、体は少しずつ酸性化していきますから、臭いはきつくなっていきます。逆に野菜や魚中心の生活だと、体内浄化が進みますから、さほど臭わなくなります。アジアに臭い体質の人が極端に少ないのは、食文化の影響も考えられます。

もうお分かりでしょうが、わきが改善は、食生活を見直してバランスの良い食習慣をつけることで進んでいきます。特にビタミン類や緑黄野菜などを積極的に食卓に上らせることで、活性化酸素の発生を抑制、および中和型体質に変えてくれますから、美容効果も同時に上がることになります。



日本人のわきが事情



かつて朝シャンという単語が全国を席巻し、日本人の清潔好きが世界中から注目を浴びたことがありました。もちろん朝シャンという日本語はありませんが、これはいわゆる若者言葉の1つであり、「朝にシャンプーをする(入浴する)」を略して言った言葉です。体臭に悩み、人間関係に自信が持てないでいた若い女性たちが、完璧に自分の体臭を消し、シャンプーの良い香りを漂わせて人の前に出ることがかっこいい、ひいては女性らしさや高い女子力を表す、として積極的に毎日取り組んでいました。

海外の同年代の女性達は、この行為を不気味で不可解な慣習として、驚異のまなざしで見ていました。彼女たちもシャワーは浴びますし、けして不潔にしているわけではないのですが、臭いは消すべき悪いものではなく、魅力の1つとして受け止めている点が日本とは大きく違っています。周囲がそもそも臭っていてそこらじゅう体臭が充満しているような環境下では、今さら気にする必要もないということにはなります。

日本人はもともと体臭が強くない国民で、わきが当事者そのものが少数派という現実を考えると、出るべくして出てきた社会現象とも言えます。かつて昭和30年代は女性の体から発する臭いを色香と受け止める社会であり、脇からもさもさ生えてくる毛もまたエロチックなイメージでとらえられていました。しかし、変化した食生活と生活スタイルはもののとらえ方を大きくねじ曲げてしまいました。

そのもっとも顕著な形は美容クリニックでのアポクリン腺摘出手術です。海外では香水やデオドラント等で臭いをカムフラージュさせることはあっても、完全に臭い断ちするような発想は見受けられません。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図