わきが TOP > コラム > 夏冬ともに悩みがちな「わきが」の対処法

夏冬ともに悩みがちな「わきが」の対処法



どの季節でも悩むわきがの対処法



夏にかぎらず、冬にも悩みがちなのがわきがの症状でしょう。このわきがのニオイが強いのは、汗腺に原因があることはご存知でしょうか。

人の体には2つの汗腺があり、臭気のない汗を出す「エクリン腺」と、汗自体にニオイがある「アポクリン腺」があります。わきがの原因は、後者のアポクリン腺の汗と雑菌が繁殖することにより、強い臭気を放ってしまうことにあります。

わきがで悩んでいる人も多いでしょうが、強い臭気をうまく軽減させることもわきがの対処法です。たとえば、雑菌の繁殖を抑えるということが大事です。そもそもアポクリン腺は脇の下、胸の周辺、また下半身に多くありますが、雑菌自体を日ごろから抑えるということを意識しておくことが大事です。

夏であれば発汗の多い時期なので、なるべくデオドラントシートでこまめに汗をふくということが大事です。また、デオドラントスプレーもこまめに使うということが大事です。ニオイのケアをしていると周囲の目が気になるという方もいますが、周囲に臭気を放つよりは、きちんとデオドラントケアをしている方が周囲にも好印象です。

また、季節問わずにこまめにしておきたいのが「入浴」です。体の雑菌は、こまめに湯船につかることで、汗腺の汚れが落ちやすくなります。汗腺自体の汚れが落ちると、アポクリン腺内の汗自体もニオイが軽減します。

夏・冬問わずに、しっかりと入浴の習慣をつけることも大事です。

また、わきがの方は冬でも汗に悩むということもあるでしょう。冬場は女性といえど、ムダ毛はやや放置しがちになるという方もいるでしょうが、しっかりと脱毛をするということもニオイの軽減につながります。と言いますのは、脇毛を処理していないと、毛に雑菌が繁殖しやすくなるからです。

このように。季節問わずできるニオイの処理は、きちんとこなすべきなのです。



わきがの治療は再発しやすい?



わきがの手術に踏み切らない人の中には「再発が怖い」という声も多いです。わきがの手術にはレーザー治療なども増えてきていますが、根本的に治療するにはしっかりと汗腺と脇毛をなくす剪除法が再発しにくいといわれています。

再発するかどうかは、“汗腺を取り残していないか”や、“脇毛が残っていないか”が重要です。少しでもアポクリン腺が残っていると再発の可能性があるので、手術をしたのにもかかわらず、ニオイがまたしてくるといったこともあるのです。

ですので、もし根本的に治療したいのであれば、レーザー治療やボトックス注射では、一時的な解決にしかならないことも多いのです。たしかに、医学の進歩で、アポクリン腺をより焼きやすい治療法も出てきていますが、やはり完全にアポクリン腺を切除するには、もとのアポクリン腺を完全に除去する必要があります。

高い治療費を払った結果、結局再発してしまうということであれば、また高額の治療費を払わなければいけません。

現代のわきがの治療法はかなり進歩していて、保険適用内の治療でもしっかりとアポクリン腺を切除してくれる医院も増えてきているので、“再発させない”ということをモットーにしているクリニックを探すということも大事です。

また、美容外科などにおいて、根本的な治療よりも、即効性が高い治療、高額な治療費が必要な治療をいきなりすすめてくるようなクリニックには注意したほうがいいでしょう。



わきがを身近な生活で解消するには



身近なことでニオイを軽減させるということも、周囲に迷惑をかけない一つの手段です。また、自分自身が嫌な思いをしないためにも大切なことでしょう。

しっかりとデオドラントケアをすることは大事ですが、夏場はどうしても汗をかきがちです。冬でも暖房の暑さで嫌な汗をかくという人もいるので、できればしっかりと朝に出かける前にはデオドラントケアをしておきたいですね。

市販のグッズでしっかりとケアすることも大事ですが、実は手軽にできる汗対策があるのです。それは「ミョウバン」で、100円均一のショップでも販売されています。

このミョウバンを水に溶かし、同じく100円均一ショップで販売されている噴射式のボトルを使って、汗が気になる部位に吹きかけるだけでいいのです。

汗が出にくくなる効果があるので、なにもわきがの人だけでなく、汗っかきの人であれば有効活用できます。

また、日ごろからしっかりと運動して汗をかくことを習慣づけることも大事です。汗のニオイは血中の老廃物に左右されるので、体内がキレイな状態になると、出てくる汗もサラサラになります。このサラサラの汗は、運動不足で肥満気味の方のドロッとした汗と比べると、刺激臭が減る傾向があります。

もし日ごろ汗やニオイで悩んでいる方は、運動をする習慣を身につけるのも一つの手です。

ただ、根本的に解決できないと、なかなかニオイの悩みから解放されないという方もいるでしょう。自分にあったニオイ対策で、悩みからうまく解放されるようにしてみてください。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図