わきが TOP > コラム > 冷静に知っておきたいわきがの基礎知識

冷静に知っておきたいわきがの基礎知識




勇気を持って正しい基礎知識を



「初対面の相手の僅かな表情の変化すら、全て自身のせいだと申し訳無く、自らを責めてしまう」「出来るなら特に夏場は1歩も外に出たくない」など、苦しい胸の内の吐露が届くたび心の底からお伝えしたいのが次の一言です。「勇気を持って正しい基礎知識を持てば、わきがの悩みは解消出来ます」。にわかには信じられなくても構いませんが、ぜひこの事実を1度しっかり飲み込みご理解いただく作業から着手いただければ幸いです。

わきがでお悩みの多くの方々に共通して見られるのが、この「周囲に申し訳無い」なる過剰な意識が招く誤った消極的な姿勢であり、結果改善に向けての診察自体を拒否してしまう判断にも繋がってしまっているのが事実です。断言致しますが、わきがは適切な治療で改善出来るのみならず、健康保険の適用も可能です。大切なのは、小さな勇気を出して然るべき医療機関を正しく選択し、まずは相談に足を運ぶ「治そうとする意思」に他ならないのです。

例えば関連サイトの体験談や投稿を見れば、長年の悩みやコンプレックスとサヨナラ出来た喜びの声、更には特定の医療機関での治療を力強く薦めるコメントが溢れています。おそらく僅かな望みを託し、既に皆さんもそうした配信を目にされているに違いありません。そんな一方で、匿名性が極めて強い記事の信憑性に関する疑問や不安の指摘も後を絶たず、結果腰が退けてしまったまま、今日に至ってしまった方々も数え切れないと推察されます。

もしもこの症状が本当に改善不可であれば、今日わきが治療で多大なる信頼と実績を誇る医療機関の存在が説明出来ません。どうぞ正誤曖昧な限られた情報だけから、誤った諦めの先入観に支配されないでください。



負のスパイラルに落ち込まぬために



「こんな事は言いたく無いけれど……」という切り出しから始まる、心を許し合えていると信じて疑わなかった親友からの指摘がショックで立ち直れ無かったと語る、わきがにお悩みの方々の辛い体験談も数え切れません。親友だからこそ覚悟を決めて告げてくれたアドバイス、勿論全て自分を思ってくれての苦言だと理屈では分かっていても、やはり自らの体質を恨むしか出来なくて当然でしょう。ですが、そんな「言う側も辛すぎる助言」に感謝と誠意を返すには、やはり治療という行為と真正面から向き合う姿勢が求められます。

「何てデリカシーが無い人!もう絶交だ!」と一時の感情に任せての自己完結を選択されるのも、当然本人の自由です。ですが適切な処置で確実に治せるのみならず、健康保険適用も可能な、いわゆる「身体に生じた不具合=病」を開き直って放置しておく姿勢は、ドライに申せば褒められた事ではありません。何より自らの現在から未来を歩むに際し、常に周囲に対して負い目や申し訳無さを抱えたままで構わない、そんなはずはありません。

皆さんの心と身体に暗い影を落とす悩みを、適切な治療処置を通じて完治された方々は、国内のみならず世界各国に数え切れません。幸いこの国にはこの分野のエキスパートとご紹介出来る優れた医療機関もあり、皆さんからの相談に優しく門戸を開いてくれています。心身共に自分1人で負のスパイラルに陥らぬためにも、ぜひ僅かな勇気を出して完治に臨む姿勢を通じ、あの日苦言を呈してくれた大切な友人へ、感謝の気持ちを体現いただければと願うばかりです。



数え切れない改善例に続きましょう



今一度基礎的な念押しになりますが、わきが治療は医療行為であり、アポクリン腺という脇の下の器官の不具合から生じる悪臭を根本的に治癒する事で「完治」と言える施術が必要です。今日市場を見渡せば、抜群の効果を謳うデオドラント商品や、格安かつ簡単に治ると派手な文字が躍る宣伝などが溢れていますが、いずれも根本的な解決に結びつくアイテムや手法とは申せません。ドライに言い切れば第三者には時に強烈に伝わる独特のニオイをカバーする香料は、嗅覚が過敏な方々にとっては更なる不快感に繋がるのみならず、食事の際などのご迷惑にも繋がり兼ねません。更に「安い」「早い」「簡単」なる文言は正しい医療行為とは接点が見いだせぬ誘い文句であり、リスクの存在が否めません。

冒頭にも触れたアポクリン腺という器官全体を健康上安全に、片側ずつ順に完全除去する手術を受ける事で、わきがは根絶出来るのです。原因となる部位自体が身体に存在しなくなれば、周囲や何よりご自身を悩まし続けた「あのニオイ」が生じる根拠自体が見当たらなくなる、極めてシンプルな理論である事は、皆様も十分ご理解いただける通りです。ですが当然これは医療行為であり、何より安全が約束されていなければ施術に至る事は道義上許されません。だからこそ適正な処置を行う医療機関に於いては、健康保険適用が認められているのです。

既に皆さんは、数多くの改善例や体験談を目にされているに違いありません。勇気を持ち、治療への一歩を進めてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図