わきが TOP > コラム > ワキガはクリームで治すのか、手術で治すのか

ワキガはクリームで治すのか、手術で治すのか

ワキガをクリームで治す



ワキガを治す方法の一つに、クリームがあります。クリームと一口に言っても色々なタイプがありますが、メリットとしては、持ち運びが簡単で手軽なところです。クリームを選ぶ際には、注意しなければならない点がいくつかあるので紹介をします。まず、クリームそのものが無香料であることが重要です。クリーム自体に匂いがあると、腋の臭いと交じってしまい、結果、においが余計きつくなってしまいます。クリームは無香料のものを選びましょう。殺菌力が強いものを選ぶこともポイントの一つです。なぜならワキガの原因は菌の存在にあるので、そもそも菌が無い状態ならばワキガにはなりません。

このようないくつかのポイントをおさえたクリームを使うと、簡単で即効性がある対処ができます。ドラッグストアやスーパーやコンビニでも販売されており、簡単に手にすることができるのも魅力です。ただし、すべてのクリームが良く効くわけではありませんので、その点は注意が必要です。利用する人にとって合う合わないがあるので、手軽ではありますが、場合によっては効果が薄いことも留意しておきましょう。

また、ワキガを治すに当たっては根本的な原因を除去しなければ治すことができません。クリームは臭いの元となる菌を除去するというよりも、臭いを抑えるという点にフォーカスしています。根本的に解決をしようと思ったら、次の章でも説明している手術がおすすめです。



ワキガを手術で治す



ワキガを治す方法の一つとして、手術があります。手術での治療を選択した場合、原因となるアポクリン腺という汗腺を確実に取り除くことができます。あまり知られていないかもしれませんが、ワキガは健康保険の範疇で治療をすることができます。手術を考えている方は頭の片隅に置いておいてください。

きちんと手術に取り組むコツは、片方ずつ治療をすることです。資格をもった医師が丁寧に手術をするわけですが、両方の腋を一度に治療してしまうと、その後の日常生活が不便になります。また二か所同時に取り組むと、浅く広くの施術となってしまい、根本的な解決ができなくなってしまう可能性もあります。お金をかけたのに中途半端な結果になるのは、サービスを提供する側としても良くありません。その辺りをしっかりと理解している医者は、片方ずつの施術を勧めてくるでしょう。

手術をするときのポイントは、その範囲です。施術範囲が狭いと、再発してしまう可能性が高くなります。なお、手術というと高額のイメージですが、この章の冒頭にも書いてある通り保険が適用される分野です。積極的に利用をしましょう。



ワキガを治すおすすめな方法とは



先の章でも書きましたが、ワキガを治すメジャーな方法は、クリームを使うことと手術をすることです。ワキガは再発しては意味がありません。きちんと原因を除去し、ケアをする必要がありますが、手術で治す方がより確かな結果を得ることができます。確かにクリームを使用するのは気軽でハードルも低くなっています。しかし、根本的に治そうとすると、原因となるアポクリン腺をきちんと除去する必要があります。アポクリン腺は、クリームで完全に除去することはできません。ここはやはり限界があります。資格と深い知見をもった医師が、片方の腋を順番に丁寧に時間を掛けて除去する手術には敵わないのです。

手術と一口にいっても、施術の方法は様々です。どの手術を受けるかは、カウンセリングなどを利用して、自分にぴったりの方法を選択してください。方法を選択したら、自分にぴったりの医療機関を選んでください。値段も勿論ですが、どれだけ手術に時間をかけてくれるのかもきちんとチェックしておきましょう。手術の目安は両脇2時間程度です。そこに術前術後の説明時間もプラスでかかってきますので、例えば、「1時間程度で終わります」というフレーズが載っている業者は営利目的である可能性が高いでしょう。インターネットで調べると、ワキガ手術をする業者はたくさんありますが、営利目的のところも少なくないのが現状です。ここは施術を受ける側が目安の時間などの知識をきちんと持ち、自分で受けるところをきちんと選別する必要があります。

手術の範囲も大事です。広範囲の手術でなければ、再発を防止することは困難です。値段が安すぎたりすると、適用される範囲が狭いこともあります。そうなると、せっかく手術をしても再び臭いが発生してしまう可能性があります。かけたお金と時間がもったいないので、ワキガを治すには、きちんとした見識の医師のもとで手術を行い、治療することをおすすめします。ただしいざ手術をしようと思い立っても、見識がある、ワキガ手術が得意な医者は、都心部以外にはほとんどいないのも現状です。そのため、東京や大阪に通うことになりますが、地方からではそれなりに負担が必要になってくることも、あらかじめ了承しておくことが必要です。しかし、たとえそこでお金がかさんだとしても、きちんとした医者の元で手術をするようにしてください。ワキガが治り、コンプレックスが解消する、その代償と考えれば、その費用は高くはないでしょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図