わきが TOP > コラム > ワキガのレーザー治療で匂いの悩みを解消しよう

ワキガのレーザー治療で匂いの悩みを解消しよう

ワキガはレーザー治療など対応策がある



ワキガや多汗症に悩む方は多いです。女性にも男性にも共通した悩みがあり、独特のにおいが自分にあることを知ると、多くの方が人ごみに行くのが嫌だと感じるようになりますし、時には外出する事すら億劫になってしまう人もいます。こうしたにおいに関する悩みは、においの悩みを持っていない人からすると、「においくらいで」と思いますが、実際自分が臭いのかもしれないと思えば、非常に深刻な悩みです。多汗症にしてもワキガにしても、体質によるところが大きいです。ご両親から遺伝する事が多く、ご両親のいずれかがこうした体質を持っている場合、強く遺伝するといわれます。

デオドラント系の商品などを利用して、周りの方ににおいが分からないようにするか、常にシャワーなどを浴びて汗などが臭わないようにして、多くの方が「上手く付き合っていけないか」と考えます。しかし、汗は止めるという事もできませんし、デオドラント系の商品を利用しても、においが抑えきれていないという方もいます。最近はクリニックなど、こうしたにおいの専門医が、ワキガの治療等を積極的に行っています。その方法もたくさんあり、例えば剪除法やレーザーによる治療、ボトックス注射による治療など、対応できる施術、治療が多数あるのです。臭いのことについて悩んでいるという方は、こうした専門医、クリニックに相談し、自分に最も適した治療方法を考えていくと、根本的解決につながります。施術方法の中で完全に除去できる方法となると、剪除法などがありますが、レーザー治療も効果的といわれています。当サイトは臭いについての悩みをお持ちの方が最適な方法で悩みを解決していただきたいと考えています。当サイトが皆様の悩みを解消するサイトとなれば幸いです。



ワキガと多汗症の違い



ワキガとはどういう状態なのかというと、わきの下から独特の強いにおいが発生し、周囲の方がこの人の臭い、どうにかならない?と思うくらいの刺激臭を発生させる方もいます。ただこれは、不潔にしているとかそういうことが原因ではなく、汗腺が関係しています。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、このうちアポクリン腺から分泌される汗が問題となるのです。このアポクリン腺から発生する汗には、アンモニア、脂質、タンパク質などが含まれていて、粘り気のある独特な汗です。しかしこの汗も、ただ発生したという事で臭うのではなく、この汗が常在菌によって分解されることで臭うのです。タンパク質やアンモニアなどを常在菌が分解するとき、独特な強いにおいを発生し、これがワキガと呼ばれます。

多汗症と同じようなものと思っている方も多いのですが、多汗症の場合、大量の汗をかくという症状をいいます。通常、人の汗はエクリン腺から分泌されます。このエクリン腺から分泌される汗はさらサラサラとしたもので、粘り気もなく臭いもありません。体温調節、皮膚の乾燥などを予防するために、エクリン腺から汗を出しますが、緊張等で汗をかくときにもエクリン腺から汗がでます。この汗もそのままにしておくと、雑菌が付いてにおいを発生させますが、アポクリン腺のにおいとは全く違うにおいです。ただし、エクリン腺から大量の汗が出て、その汗が気化するとき、アポクリン腺の汗を分解するにおいが拡散されるということもあります。この場合、独特なにおいが発生します。多汗症とワキガは全く違うものですが、多汗症は汗がとにかくたくさん出るので、アポクリン腺がある方(誰にでもあるという事ではなく日本人の場合、1割程度存在しているといわれています)は、においをより発生しやすくなります。



治療方法は医師に相談して決めよう



確実ににおいを発生させないためには、剪除法によりアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺などをすべて除去する事が必要となります。この剪除法が確実といわれます。しかし皮膚にメスを入れるという事、切るという事に抵抗があるという方も多いので、その場合、レーザーによって汗腺を破壊するという方法を選択するといいでしょう。クリニックによってどのような施術方法なのかその違いがあると思いますが、直径1mmほどの細いカニューレという管を脇の皮下に挿入します。それからアポクリン汗腺にレーザーを照射し、破壊するという方法です。皮膚の内側に挿入した専用のカニューレによってレーザーを照射するため、アポクリン腺を効果的に破壊できます。1mmという細いカニューレなので、挿入しても傷跡がほとんど残らないという点や、そのほかのシェーバー法などで起こる内出血、腫れ等のダウンタイムについてもリスクが少ない方法です。局所麻酔を利用しますので、施術している間の痛みなどはほとんどありませんし、施術の後の圧迫についても、一般的に24時間程度で済みます。ただしこの治療については軽度から中度程度の方に有効という方法で、かなりアポクリン腺が多く、においが強いという方の場合、剪除法などの別の方法を選択される方がいいといわれます。状態を専門医に診せることで、どのような施術が必要なのか判断してくれます。

どのクリニックを選ぶにしても、カウンセリングなどを受けてみるといいでしょう。相談は無料のところもありますし、場合によっては多少の費用をとるというところもあります。人によって症状も状態も違いますので、専門医に相談して治療方法を選択する方が安心です。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図