わきが TOP > コラム > わきが治療をする前に予防をするように

わきが治療をする前に予防をするように


わきがとはどんな症状なのか



わきがで病院に通った経験があるという人は少ないのではないでしょうか。しかし、最近では病院にかかる人が増えています。この病気を知るためにはまずは症状がどんなものなのかを知っておくことが重要で、症状がわかれば、対策も見つけやすくなります。

まずはわきがの症状を見てみましょう。よくその症状があらわれやすいのが成長期です。思春期の時期にその症状が現れやすいと言われています。この匂いが汗をかくと一層強くなり、周りに匂いが充満することがあります。これは、体臭がきつくなり、自分が太りすぎているからと勘違いをする人もいます。確かに太っている人はよく汗をかいて体臭もその分人より強くなります。太っているから体臭がするのと、わきがによる体臭は全く違うもので、体臭がきついと自分でも感じる場合は、病気の方を考えたほうが賢明です。

匂いが気になり始めたら、まずは病院に行く前に自分で対策をしてみてください。匂いが強くならないように予防を心がける必要があります。まずは、体を常に清潔にしておくことで匂いは軽減されて気にならなくなります。汗をかいた場合は、シャワーで汗を流すようにしましょう。夏場は特に汗をたくさんかきやすいので、汗をかいた時にはできるだけシャワーで汗を流すか、汗拭きシートなどでこまめに汗を拭いていれば、気にならなくなります。とにかく清潔にしておくことが重要で、清潔にしていれば、症状が軽い場合はある程度匂いを軽減させることはできます。清潔にすることは効果的な予防になります。また、バランスの良い食事を心掛けることも効果のある予防方法だと言われています。



わきがの治療は大変



汗をかいたのでシャワーで汗を流したり、汗拭きシートで汗を拭き取ったりしても、匂いを軽減させることができないような場合は、元々の体質が大きく関係しています。あまりに気になるようであれば、病院の医師に相談して最善の対応策を見つけ出す必要があります。実はわきがは保険費用がないでの治療が可能です。

わきがを相談する場合、まずは皮膚科を受診するとよいでしょう。他にも美容整形外科に行っても治療法はあります。自分自身でも分かるほどキツイ場合、ケアをしても気になる場合、気になる部分をしっかりと抑えておくことが重要です。

治療法はわきがの進行状況で変わってきます。進行がそこまで進んでいなければ、薬で症状を抑えることが可能です。臭いを予防し、抑えることができる薬には様々な種類があります。病院に行って相談するほどではない、という場合は市販の薬もあります。ただし、薬はあくまでも予防や臭いを抑える程度の効果です。原因を根本から治すことはできません。根本から治していきたいと考えている場合、やはり専門家に相談する必要があると考えましょう。

薬を使用した場合一時的に匂いは消えますが、それでは匂いを一時的に消しているだけで、治療とは言えません。気になる場合は一度医師に相談し、その後の対策を練る必要があります。

わきが治療でよく使うものにボトックス注射があります。これは汗腺が汗を出すのを押さえる働きをしてくれます。この治療法は保険が使えるので、安心して治療を受けることができます。レーザー治療というものもあります。「アポクリン腺」「エクリン腺」に直接レーザーを照射することで、ある程度の症状の場合は効果があります。料金的にはボトックス注射で解消できて、中度の場合はレーザーによる治療をおすすめします。簡単な治療法で治療できるのは中度程度までで、重度の場合はあまり効果がありません。また、これらの方法は再発の可能性が高いとも言われています。



わきがは手術で改善できる



手術の方法としては、直視下手術法と非直視下手術法と言うものがあります。直視下手術法は、医師による直接手術を行うことで、非直視下手術法は機械を使ってから手術を行う方法です。

直視下手術法の中には、腋毛の生えている皮膚を直接取り除く切除法や、ハサミのようなものでアポクリンセンと皮脂腺を取り除く剪除法があります。非直視下手術法には、特殊な機会を使いアポクリン腺を取り除くのが皮下組織手術法と言います。吸引器のようなもので、アポクリン腺を吸引します。この手術方法は比較的匂いの軽い方が利用できる方法ですが、再発をすることもありえます。

手術後もできるだけ清潔にしておく必要があり、汗をかいた時には直ぐにシャワーを浴びることが大切です。わきがなのかそうでないのかは自分で判断が付きにくい可能性が高いので、早めに病院で医師に相談をされたほうが良いでしょう。

手術をするとなると傷跡が気になるという方もいるかもしれませんが、技術の進歩により傷跡をできる限り目立たないように手術を行うことも可能です。特に女性の場合は小さめの傷跡であっても気になることも多いでしょうから、手術の前に小さく手術してほしい旨を伝えておくようにしましょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図