わきが TOP > コラム > わきが対策豆知識

わきが対策豆知識



外出先でのわきが対策



わきがが原因で周りの目を気にしてしまうということや、外出をするのにも勇気がいるという方がいるかもしれませんが、こういった悩みを少しでも解消するためにも今回は外出中にできる対策方法について紹介をしていきます。

まず、わきが臭が発生するのは汗が発生することで起こりますので、できる限り汗を発生させないということが大切になります。汗を発生させなければ、臭いを抑えることが可能となりますので、できる限り外出中には汗を抑える工夫をすると良いでしょう。

二つ目の方法としては、ミョウバンを使用するということです。汗を抑えようとするときや臭いを抑えようとするときは市販の制汗スプレーやクリームを使う人が多いですが、実際にこれらは直接肌に塗るものとなりますので、体に合わないという方もいます。体に合わないという場合には、自然界にも存在しているミョウバンを使用すると良いと言われています。ミョウバンは古くから使用されてきていますし、食品添加物としても使用されているものですから、とても安全な物質となっています。ミョウバンには殺菌や制汗作用があるとされているので、わきがにはとても効果的だと言われています。外出先に持っていっていると万が一の時に安心ができるので、こういったものを持ち歩くことによって、外出も気軽にすることができるようになります。

三つ目の対策方法としては、衣服に臭いが移らないように対策をするということです。わきの臭い自体は、先ほども紹介したミョウバンなどで一時的に抑えることは可能となりますが、汗の量が多いという場合には、衣服についてしまう可能性も考えられます。衣服についてしまってからでは遅くなることがほとんどとなりますので、できる限り衣服に付かないように工夫をすることが大切になります。

では、どのような衣服を選ぶのが一番良いかということですが、やはり通気性の良い服を着ることが一番良い方法となります。汗を溜(た)めてしまったら臭いがどんどんきつくなる可能性があるので、こういったことを防ぐためにも風通しの良い服を着て、できる限り汗を溜(た)めないように工夫をすることが大切です。このように、完全に臭いを抑えられるという保証はありませんが、少しでも対策をしたいと思っている場合には、今回説明した方法をすると対策をすることが可能になります。



わきがの治療費は高額では?



わきがに悩んで色々な対策を考える方が多くいますが、軽度の場合は対策を考えればある程度の臭いは抑えることが可能となります。しかし、対策をしても治らない場合には治療を受ける必要があります。そうすると、治療をすることによって費用の面での負担が心配になります。そこで今回は、実際にどのくらいの医療費がかかってしまうのかということについて紹介をしていきます。

わきがなどの治療費に関しては高額だというイメージを持っている方がいますが、確かに治療内容によっては高いというところもあります。しかし、これはあくまでも保険を使用することができないからになります。医療費というのはやはり保険外となってしまうと高額な費用がかかってしまうこともあります。しかし、中には保険治療を行っている病院も存在しています。保険治療をすることができれば、それほど高い費用を支払うということもなく、比較的誰でも気軽に治療を受けることが可能となっています。例えば、相談だけでもしてみたいと思っている場合には保険を使用することが可能となっているので、数百円での相談が可能となります。治療となっても何十万円とかかるわけではないので、比較的リーズナブルな価格で治療を受けることが可能となっています。臭いが気になるという方や、どうにかして対処法を知りたいという方には、保険治療を適用している病院を探して、まずは相談から始めてみるという方法もありますので、そこから考えてみてはどうでしょうか。



わきがを完治させるには?



先ほどは色々とわきがの対策方法について紹介をしてきましたが、実際に対策といっても完治するということではありません。やはり再発はしてきますし、中には対策をしてもそれほど大きな効果を得ることができないという方も存在しています。自分でできる対策方法ではなく、医療機関を利用して治すのが一番効果的な方法となります。

実際に、わきがを完治させたいと思っている方には、剪除法しかないと言われています。これは医療機関でしか行うことができないことですので、完全に治したいと思っている方は自分でできる対策方法ではなく、医療機関を利用して対策をする方法が一番手っ取り早い方法となります。

今では低価格でも治療を受けられる病院も存在しているので、比較的誰でも受けられる治療方法となっています。臭いが気になるという方はたくさんいますが、悩んでいるという場合には一度医療機関に相談をしてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図