わきが TOP > コラム > わきが対策の方法

わきが対策の方法

わきがの原因とは



汗をかきやすい時期や、人混みで人と至近距離になってしまう場所ではわきがが気になりがちです。自分だけ臭うのではなく、周囲の人にまで臭っていないか不安になった経験がある人もいるのではないでしょうか。このわきがの原因は、汗が出る場所のエクリン腺と、アポクリン腺が関係しています。汗はこの2種類の腺からしか出ることはなく、このうちわきがが発生するのはアポクリン腺から出る汗です。


アポクリン腺から出る汗は無臭で嫌な臭いを発生することはありません。しかし汗には脂質やタンパク質、アンモニアなどが含まれているため、皮膚表面にある皮脂などの細菌と混ざりあうことで臭いがきつくなってしまいます。わきがの人の特徴としてアポクリン腺の数が多い場合や、この腺から出る汗の量が多い人ほどわきがが強い傾向にあります。この腺の数は生まれたときに決まっているので、突然数が増えてわきがになるようなことはなく、生まれついての体質ということになります。家族にわきがの人がいる場合は遺伝する可能性もあるので注意が必要です。最近臭いがきつくなってきたと感じている時は、アポクリン腺の活動が活発になって汗が大量に出ている可能性があります。


人の体の部分で汗の臭いが気になる場所は特定の箇所をイメージする方が多いように、アポクリン腺は体全体にあるわけではなく、わきや外陰部、乳輪部、外耳道と言われる耳から鼓膜にかけての場所のみにしか存在していません。アポクリン腺のある部分のみしっかりと対策を行えばわきがを治すことができます。



わきが対策にはさまざまな方法がある



市販のデオドラント商品を使っていても効果を感じられなかったり、毎日使用しなければ効果がなかったりすることがありますが、この方法ではわきがを治すことはできません。完全に臭いを防ぐためには原因となるアポクリン腺などを取り除くことがおすすめです。取り除く方法はいくつか種類があり、自分の状態や体質によって決めることができます。

剪除法は脇の下を1カ所のみ切り、そこから臭いの原因となるアポクリン腺やエクリン汗腺などを医師が目で確認しながら除去する方法です。この方法であれば臭いを防げるだけではなく、汗の量も減らすことができるので臭いをしっかりと抑えることができるようになります。傷跡は大きくはなく数センチ程度で、わきのシワに紛れてしまうことが多いためあまり目立たないようになっています。脱毛効果もあると言われています。

手術に抵抗がある時は吸引法があります。こちらはアポクリン腺とエクリン腺を細い管で吸い取る方法です。傷も数ミリと小さく簡単に行える治療ですが、しっかりとアポクリン腺などを取り除くことが難しいため再発してしまうケースも考えられます。超音波を使用して取り除く方法もありますが、超音波から発せられる熱で皮膚を傷つけてしまうことがあるため注意が必要です。吸引法や超音波での治療は短時間での処置が可能なので、気軽に行うことができますが、アポクリン腺などを直接医師が目で見ることができないため取り残しなどが発生する場合もあります。

ローラーなどを使用してアポクリン腺や汗腺などを皮膚の裏側から削り取る方法も存在します。傷自体はとても小さく済みますが、削り取った皮膚でしか確認することができないので、臭いの原因であるアポクリン腺をしっかり取れたかどうかはわかりません。取り残してしまうと何度も治療を行わなければならない場合もありますので、治療前にしっかりと内容を確認するようにしましょう。これらの対策以外でもポツリヌストキシンをわきに注射することで臭いや汗の量を抑える方法もあります。この治療であればわき以外に乳輪や外陰部などに処置をすることが可能なため、とても便利になっています。


わきが対策の注意点



わきがを治すためにどこで治療を行えばいいのか悩んでしまいがちです。治療が行える場所は、外科の一部でもある形成外科です。形成外科は体や皮膚の表面にある欠陥や変形、損傷などを治療する科なので利用することが可能です。形成外科以外では今ある健康な状態をより良くきれいにするための美容形成外科、それ以外では皮膚科や美容外科などでも治療ができるようになっています。

手術などで治療を受ける際に気になりやすいことは料金についてでしょう。形成外科で治療を受ける場合、手術を選択すると治療費は保険適用になります。保険が適用されると一部負担金のみで治療をすることが可能になるため、とても低価格で受けることができ利用しやすくなります。注意しなければいけないことは確実な治療効果がなければ保険適用と認められないので、受診した際に保険適用かどうかを医院で確認するようにしましょう。

手術にかかる時間にも注目をすることが大切です。短い時間での手術は手軽に行えるように感じやすいものですが、目で見ながらアポクリン腺などを除去するためには丁寧にゆっくりと行う必要があるため、ある程度の時間がかかります。よって時間をかけて除去してもらえるのかが重要です。

そして片方ずつ治療をすることがおすすめです。手術後は傷跡をしっかりくっつけるために手を上げる動作などが制限されてしまうことがあります。両方を同時に行ってしまうと動きにくくなってしまうことがあるので、自分のライフスタイルを考えながら医師と相談してみましょう。医師の経験や技術、知識なども大切になってくるので、手術前にカウンセリングを受けてしっかり対策をとってから行うと安心して治療を受けられるようになります。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図