わきが TOP > コラム > わきがを解消するためにはどうすればよいのか

わきがを解消するためにはどうすればよいのか



日ごろの対策で症状を和らげる



自分の体臭は中々自分で気付くことが出来ないため、周りの人にとっては非常に強い臭いを感じていても、自分はまったく気付かないことも珍しくありません。特にわきがの臭いは非常に強く、日本人には元々わきがが非常に少ないため、余計に臭いが目立つといわれています。もし症状を自覚することが出来たら、なるべく早く症状を和らげるためのケアを行いましょう。完治させることは難しいといわれていますが、日常的なケアをこまめに続けることで、よほどの重症でなければ症状は十分抑えることが出来るはずです。

基本的にわきがの症状は汗が原因で現れます。アポクリン汗腺という汗を出す器官が暑さなどを理由に活発に働くようになると、大量の汗が分泌されて、中に含まれる様々な成分が臭いを発するので、症状を抑えるためには、汗の分泌量を抑えることが大切です。夏場はどうしても汗をかいてしまうものなので、出来る限りわきを乾燥した状態にしたり、シャツなどに汗がしみこんで雑菌を増やさない環境を作るように意識しましょう。例えば制汗スプレーをこまめに使って、汗が出るのを抑えたり、わき汗を吸収するパットなどをつけるようにしたりと、わき汗が大量に出ないようにするだけで、かなり症状を抑えることが出来ます。

強い臭いを防ぐためには、生活習慣の改善も欠かせません。例えば日常的に脂っぽいものやお肉を食べることが多く、野菜を殆ど食べないという方は、汗腺に脂肪分や老廃物が溜まって、汗の臭いを寄り強いものにしますし、普段運動しないという方も、汗腺の働きが鈍って老廃物が出にくくなり、たまにかく汗に大量の老廃物が入りこんでしまうので、運動で日常的に老廃物を取り除くことで、汗の臭いを抑えることが出来ます。



生活習慣による改善効果



わきがの臭いは様々なタイミングで現れます。日常的に汗をかくことになる夏場はもちろん、冬場でも暖房がきいている部屋で長時間過ごしていると、汗をかくこともあるので、もし自分の臭いが気になるのであれば、日常的に汗をかいても問題ないように生活習慣を改めることが大切です。体臭と生活習慣には非常に深い関係があり、健康的な生活を送っている方と比べて、そうでない方のほうが体臭はきつい可能性が高いので、体臭が気になる方は、この機会に自分の生活習慣を見直してみてください。

生活習慣による体臭の変化は、食生活でも大きく現れます。例えば日常的にお肉を食べることが多く、野菜などは殆ど口にしないという方は、人よりも脂肪分やたんぱく質を多く摂取しているため、体内に処理し切れなかった脂肪分などが溜まりやすくなっています。溜まった脂肪分などは老廃物として残り、一部は汗腺などに詰まってしまうのですが、その際汗をかいてしまうと、老廃物に含まれる様々な成分が汗に移り、汗によって雑菌が繁殖することで強い臭いを発するようになります。そのため体臭が気になるという方は、日常的に野菜や水分をたくさん摂取することによって、症状を大きく和らげることが出来るといいます。

最近は仕事に追われていて、殆ど運動していないという方も、体臭がきつくなりやすい体内環境が作られつつあるかもしれません。人間の身体は汗によって体内の老廃物を取り除く機能があり、日常的に汗をかくことで、健康な身体を維持することが出来ます。ところが運動不足で汗をかく機会が少なくなってしまうと、本来排出されるはずの老廃物が汗腺などに残り続け、たまに暑くなったときなどに汗をかくと、大量に溜まった老廃物が雑菌を繁殖させ、非常に強い臭いを発します。こうした状況を改善するためにも、毎日定期的に身体を動かし、しっかり汗を流しましょう。



臭いの拡散を防ぐためには



人間大なり小なり体臭は出てくるものですが、体質によっては非常に強い体臭を発することがあります。わきがと呼ばれる人は、わきにあるアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る汗に、老廃物などが溜まることによって、独特な強い臭いを発するようになります。この臭いを抑えるためには、汗をかかないようにしたり、体内に老廃物を残さないようにする必要がありますが、それと同時に気を付けておきたいのが、臭いの拡散を防ぐということです。人間の臭いは様々な形で拡散されるので、それを防ぐことで周りの人に迷惑をかけず、自分の体臭を目立たなくすることが出来ます。

わきがの臭いの拡散を防ぎたいときは、腋毛の処理を丁寧に行いましょう。特に男性の場合、腋毛の処理をしない方も珍しくありませんが、腋毛が生えていると脇の臭いが拡散しやすくなり、腋毛によって腋が群れて、更に大量の汗が汗腺から出るようになるので、更に臭いが強くなる恐れがあります。完全に剃れば確実に臭いの拡散を抑えることが出来るので、確実に臭いを抑えたいときは、腋毛を完全に剃ってしまいましょう。女性の場合は永久脱毛を行うという方も多いので、エステなどで相談してみるのも良いかもしれません。

わきがの臭いの拡散は、衣類に汗がついたときにも現れやすいです。汗が衣類に染み付くことで、衣類に付着していた雑菌が汗に含まれる老廃物などを使って増殖することで、臭いがどんどん強くなり、衣類についた汗が徐々に乾くことで更に雑菌が繁殖しやすい状態になります。このとき風などがふくと臭いが簡単に周囲に拡散してしまうので、臭いの拡散を防ぎたいときは、衣類に汗がつかないようわき汗パットや制汗スプレーを使うようにしましょう。

こうした対策を行っていても、重症な場合はどうしても臭いが消えない、気になる場合があります。その場合は、専門の病院に相談してみるといいでしょう。保険が適用されるところもあるので、金銭面の心配も含め、気軽に相談することができます。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図