わきが TOP > コラム > わきがは運動すると匂いがひどくなるって本当ですか?

わきがは運動すると匂いがひどくなるって本当ですか?

わきがと運動は関係する?



わきがは、皮膚表面に存在する常在菌が、アポクリン腺という部分から出る汗の成分を分解することによってにおいが発生するというものです。この汗にはタンパク質、鉄分、アンモニアなどが含まれているため、独特なにおいとなってしまいます。運動をしっかり行って日ごろから良い汗をかくことが、においを予防することに繋がります。

普段から有酸素運動をしっかり行い、汗をかく習慣がある方は、汗腺の導管部という部分において、汗のもととなる血漿成分が再吸収されるため、汗が水のようにさらさらして、においや粘りの発生しない良い汗となります。このさらさらした汗は、重炭酸イオンというアルカリ成分が少ない酸性の汗なので、雑菌が増加するという事も少なく、においになりにくい汗となります。

運動不足の方は、皮膚の末梢血管の流れが悪くなるため、汗腺に酸素が上手く到達できず、解糖系と呼ばれる方法で汗腺がエネルギーを取り込みます。ここで発生するのが、疲労物質といわれる乳酸です。乳酸は汗腺内部にアンモニア分泌を促すという作用を持っているため、汗のにおいが強くなるのです。ましてわきがの方は、タンパク質や鉄分を伴う成分の汗がアポクリン汗腺から発生するため、より一層強い刺激臭となるのです。

わきがの方は、汗をかくという事も重要なことですが、並行してしっかり治療していくという事を考える方がいいでしょう。というのも、わきがはアポクリン腺があることで、どんなにエチケットに気を付けてもしかるべき除去治療を受けないと根治しないからです。サラサラした汗を流せるようにしておくという事と共に、除去手術を行うことも考え、治療について詳しくなっておく方がいいでしょう。当記事はこの嫌な臭いについて、解決方法を紹介します。



アポクリン腺とエクリン線と運動



わきがのことについては、まずアポクリン腺とエクリン腺を理解しておかなくてはなりません。このうち、エクリン線というのは、運動を行ったときなどに汗を出す汗腺です。サラサラと水分を感じる汗で汗をそのままにしておくなどしなければ、汗そのものに臭いがすることはありません。アポクリン腺から出る汗も同じく元々は臭いません。しかしアポクリン腺の汗にはタンパク質や脂質、鉄分やアンモニアなどの成分が含まれています。この成分を皮膚表面に存在する常在菌が分解します。すると、臭いが発生するのです。

エクリン線は誰もがもっている汗腺ですが、アポクリン腺は誰もが持っているという汗腺ではなく、日本人の場合、約1割が持っている汗腺となっています。そのため、日本人は約1割の方にわきがの可能性があるといわれています。なぜ汗臭くなるのかというと、エクリン線から出るサラサラした汗はすぐに乾きます。運動などを行うとエクリン線からたくさんの汗が発生しますが、この汗が乾いて気化する際に、アポクリン腺から出た汗の臭いを広げてしまうのです。これによって独特なにおいが発生します。運動の後、エクリン線の汗とアポクリン腺の汗が混ざってしまうことで、独特なわきがの匂いを発生させるということになります。

運動すると臭いが発生するのは、こういった理由に加えて、汗をかいたままにしておくことで、雑菌が発生して臭いが生じるということに因ります。ですが、運動をしっかり行って汗をたくさんかいて、老廃物を体内から除去するという事も大切なことです。ただ、雑菌を発生させない、またアポクリン腺の汗がより臭わないように、汗への対応が大切になるのです。



汗をかいた痕にはシャワーなどの対応を



汗をかいたままにしておくと、臭いが発生しやすくなります。そのため、汗をかいたままにしないという事が大切です。水分が多いエクリン線から出た汗は、乾いてすぐに気化しますが、この汗が気化すると、アポクリン腺をもっている方は臭いを発生させてしまうという事になりますので、汗を処理するという事が大切です。シャワーを浴びて体を洗うといった事が求められますが、学校や仕事に行っているというときには、こうしたこともできません。しかし今は、デオドラント効果の高いシートなどが販売されています。臭いをきれいに除去してくれますし、汗を拭きとってくれるので非常にスッキリしますし、雑菌にも対処できるので、臭いの発生が少なくなります。抗菌効果があるデオドラントシートなども出ていますので、こうしたシートを利用した後、気になる方はわきが用の制汗剤などを利用するといいでしょう。

スポーツ施設などには多くの場合シャワー室がありますので、ジムなどで運動を行ったら、シャワーで汗をしっかり洗い流すという事もポイントです。また汗をかいたらこまめに拭く、着替えを持っておいて汗をかいたら着替えるという対応を行うことで、汗の嫌な臭い、アポクリン腺からの嫌な臭いを拡散しないようにすることが可能です。学校でも、更衣室やトイレなどで着替える事ができますし、職場でも着替える場所はあると思いますので、スポーツをしないようにするとか、汗をかかないようにするという事ではなく、汗を出して老廃物など体外に出し、汗についてはしっかりとシャワーを浴びる、デオドラントシートを利用するなどの対応で臭いについて対策を練るといいでしょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図