わきが TOP > コラム > わきがは意識していなとわかりにく病気です

わきがは意識していなとわかりにく病気です



わきがとはどういうものか



皮膚にまつわる病気はいろいろとありますが、その中でも女性がかかると恥ずかしいのではと思われるものとしてわきががあります。

わきがというものはどんな病気なのでしょうか。ネーミングを見るだけでわかると思いますが、脇につく菌のことをいいます。この病気を昔のものと思っている人も多いかもしれませんが、最近でもよくかかる人はいます。

よくあるのが、夏場に汗をかいたあとに匂いが残る場合ですが、これはわきがを疑ったほうがいい症状です。また、細菌がついてから脇の匂いがいくら洗っても取れない場合も心配したほうがよいでしょう。正常の体でも、汗をかいた後というのは若干臭うものです。臭っているということは常在菌が脇にいるという事になるので、常在菌が全て悪いというわけではありませんが、匂いを伴うような場合は病気と考えたほうがいいです。

例えば、常在菌の中でも、表皮ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌、真菌などの菌があります。表皮ブドウ球菌の場合は、いくらついていても匂いがする事はありませんので、別に気にする必要はありません。いいブドウ球菌ということです。しかし、黄色ブドウ球菌や真菌の場合は悪いブドウ球菌と言えます。こうした菌がつきますと、くさい匂いがし、この悪臭の原因が黄色ブドウ球菌や真菌なのです。

風呂に入るときに脇を丹念に洗う人がいますが、この場合は、表皮ぶどう細菌がなくなり匂いの元となる他の菌が常在菌によって邪魔されることがなくなるため、黄色ぶどう細菌や真菌が溜まっていることが多いのです。それだけ、わきがには注意が必要となります。

いくらゴシゴシと洗っても、表皮ブドウ球菌を減らすだけで黄色ブドウ球菌や真菌が残っている可能性が一番高くなります。わきがに注意したい場合は、常に脇を清潔にすることが重要です。一旦脇に匂いがついてしまうと、匂いは強くくさいので海などには水着で行きたくても行かない方がいいケースがあります。



わきがかどうかを判断するには何を基準に考えたらいいのか



脇の臭いが強い、脇が痒いなどの異変を感じた時に、何らかの病気なのかそうでないのかを判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか。普段生活をしていると自分ではなかなかわかりにくいものです。特に自分の匂いというものはわかりにくいもので、人に指摘されないとわからないことがほとんどです。

そうは言っても、脇の病気の一番の目安は独特の匂いです。脇の病気になりやすいのは、脇のレーザー脱毛処理などをするとなりやすいということがよくあります。匂いが気になり出した時に、以前脱毛処理をしたことがないかや腋毛を毛抜きなどで抜いていないか等も大きく影響します。

本当は自然のままにしておくことが一番いいのですが、女性の場合はほとんどの人が腋毛を処理していますので、処理の仕方によってはわきがにかかりやすくなります。以前に比べてから脇汗をかきやすくなった場合は、わきがを注意したほうがいいです。



予防とおすすめの治療法にはどんなものがあるのか



わきが対策はどうすれば一番いいのか、それは常に清潔にしていけば予防になります。とくに夏場になると汗をかきやすくなりますので、風呂に入った時には、しっかりと脇を洗うようにしないといけません。脇を清潔にすることが一番の対策になり、できれば風呂で洗ったあとには、扇風機などで脇を乾燥させるようにすることが大事です。ジメジメした状態で放置しているとどうしてもわきがになりやすくなります。

対策といっても特別に何かするわけではありません。とにかく清潔にしてから乾燥させる事で予防になります。

注意していたとしても、どうしてもかかってしまうことはあります。その時にどのような治療をするのがいいのか、治療方法はいくつかあります。その前に、わきがかどうかを医師に見てもらわないといけません。まずは診察をしてもらい、診察だけであれば1000円もかかりませんので、医師に見てもらってわきがかどうかを判断してもらう必要があります。そこでわきがと診断されて初めて治療を行います。単なる汗疹などの可能性もありますので、自分で判断しないことです。

わきがと診断された時に効果的な治療法としては、剪除法という手術をするのが一番です。剪除法は、脇のシワに沿って2.3cm程切開してから匂いの元となるアポクリン汗腺・エクリン汗腺を切除します、さらには、皮脂腺まで切除することで匂いの元を取り除きます。この手術は再発しないので、一番効果的な手術での治療となります。

他にも、吸引法やシェーバー法というものもあります。吸引法は、臭いの元となるアポクリン腺を吸い取る方法で、簡単な手術ですが、再発の恐れがあります。またシェーバー法は、刃で高速移動させてから汗腺組織を削り取る方法です。手術後の傷は小さくて住みますが、剪除法ほどの効果はありません。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図