わきが TOP > コラム > わきがの豆知識について

わきがの豆知識について



わきがの臭いは、服の材質や形状によって変わる



わきがで悩む方もいらっしゃいますが、様々な対策方法があると言われています。その中でも今回は、服の材質での対策方法について紹介していきます。

まず、一つ目に気をつけたい素材としては、化学繊維の衣服です。衣類の素材によっては、臭いがきつくなったりすることがあります。その中でも化学繊維を使ったナイロンやポリエステル、アクリルなどは臭いがきつくなると言われているので、化学繊維の服はできる限り避けるようにした方が良いでしょう。しかし、最近ではポリエステルなどで作られている服が多くなっていますが、選ぶ際には絵表示などを見て素材の確認をしておくようにしましょう。また、実際に化学繊維が良くないとされている理由として、衣類が臭いを吸収することなく外に放出してしまうからになります。その為、臭いがきつくなる可能性があると言われているのです。実際にどのような素材のものが良いのかということですが、基本的には化学繊維ではなく天然素材を利用したものは臭いを吸着する効果があるため、臭いを抑えることが可能となります。天然素材といっても種類は色々あります。綿、ウール、シルクなどがありますが、その中でも綿は総合的に見ても一番良い素材だと言われています。値段についても、綿はポリエステル程安くはありませんがそれほど高級なものでもないため、比較的入手もしやすくなっています。このように、服の素材によっても臭いを抑えることが可能となります。特に衣類によって臭いがしたりしなかったりする場合には、衣類さえ気をつけておけばわきがの臭いが発生することもありません。

その他にも、対処方法の一つとして服の材質にもこだわると良いと言われています。ここまでは服の材質について紹介をしてきましたが、実は材質以外にも形状もわきがの臭いが関係してくると言われています。あからさまに脇が露出している形状は臭いが発生する可能性が高くなります。通気性も良く、対処法として効果的に思う方もいるかもしれませんが、露出をすると臭いを吸収するものがない為、臭いを発生してしまうこととなります。その為、露出をすることは出来る限り避け、袖のある服を着るようにし、脇と外気を直接触れさせないこともポイントとなります。このように、服の材質以外に形状もわきがと関係してくるので、特に服によって臭いが抑えられると感じる方は材質や形状にこだわってみると良いでしょう。



タバコと汗について



喫煙をしている人でわきがに悩んでいる方は多くいると言われていますが、実際にタバコと汗にはどのような関係が存在しているのでしょうか?今回は詳しく説明していきます。

まず、タバコの中にはニコチンが含まれていますが、これは中枢神経興奮剤と呼ばれているものの一つとなります。ニコチンには大脳皮質や大脳辺縁系を刺激するため元気になったりする効果があると言われています。また、ニコチンは視床株という部分を刺激することも知られています。視床株は体温調整をする部分であり、身体を温めることによってエクリン腺を促進していきます。このエクリン腺が促進されるとどうなるのかというと、一般汗が多く出てしまうこととなります。これによってアポクリン腺からの汗の量は変わらないにしろ、臭いが広がり、わきが臭が強くなってしまいます。簡単に説明すると喫煙によって非喫煙者に比べると汗の量が増えてしまうということです。

このような理由から臭いが強くなることもあるので、喫煙者の方で悩んでいるという方は禁煙をすることによって汗の量が減り、臭いも抑えられる可能性が高くなります。



わきがを治療するためのクリニックの選び方のポイント



わきがを治療してくれるクリニックは多くあるので、どのようなクリニックに足を運べば良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。クリニックの選び方のポイントは大まかに分けて三つあります。

一つ目は、サポート体制が充実しているかどうかです。クリニックを初めて利用される方の多くは治療をしたことがないという方が多くなっています。そのため、サポート体制などが充実していないと不安を感じることもあるでしょう。そのため、サポート体制が充実しているところを選択すると初心者の方でも安心して治療を受けることができます。

二つ目は、カウンセリングが充実しているかどうかです。治療をお考えの方の中には不安だけでなく、わからないことや聞いておきたいことなどがある方もいます。カウンセリングなどが設けられているところではそのような不明な点などをあらかじめ聞いておくことができるので、密かにもっている悩みなどを解決できることもあります。

三つ目は、保険適応内の治療をしてくれるかどうです。保険が適応されないと負担などが大きくなってしまうので、お金に余裕のない方は治療を受けることができないこともあります。しかし、保険を適応することができるところもあるので、そのようなクリニックを利用すると費用の負担を軽減できます。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図