わきが TOP > コラム > わきがの治療は保険適用で費用を安く行うことができます

わきがの治療は保険適用で費用を安く行うことができます

わきがの治療に保険適用の方法がある



わきがの治療は、大きな費用をかけても適切な治療をしたいと思うほど、臭いの問題については悩みが深いものです。独特な臭いが発生するため、電車に乗ることをためらったり、人から臭いと言われたことがショックで外出出来ないという人もいるくらいです。臭いくらいなんともないと言われても、本人にとっては「自分が常に臭い」と思われているのかもしれないと、深刻な悩みとなってしまうことが多いのです。中には鬱などの状態にまで陥ってしまう人もいます。だからこそ、治療が出来るという事、健康保険適用となる施術方法があるという事を、悩んでいる方に理解していただきたいのです。

実際に治療された方も多いのですが、その方々に話を聞いて不安になるという方もいます。せっかく大きな費用をかけて治療したのに、のちに年数が経ってから再発したというのです。高い費用をかけたのに失敗?と思い病院へ行ってみると、「これ以上の施術は無理だ」とか、「これ以上改善は見込めない」と言われ、ますますショックを受けてしまう方もいます。再発、手術の失敗、こうしたことは、施術する病院、クリニックをしっかり選ぶことで避ける事が出来る問題です。勿論どんな施術でも、まったくリスクがないという方法や、絶対に失敗しない方法があるという事はありません。外科手術の中では大きな手術とならない盲腸でも、麻酔等のリスクがあり、手術の傷跡が大きくなる可能性等もあります。ただ、こうしたリスクを極力減少させることも出来ます。そのために、治療、施術経験が多数あり、実績を持った医師、また確実にわきがの原因を除去できる技術が必要です。当サイトはわきがの治療法や手術について、また健康保険適用となる施術方法などについて説明します。悩みをお持ちの方にとって、当サイトが皆様のお役に立てるサイトとなれば幸いです。



剪除法での施術で保険適用となることが多い



最も大切なことは何か。それは、原因となるものをすべて取り去るということです。施術には吸引法やシェーバー法、ボツリヌストキシン(ボトックス)注射などいろいろな方法があります。このうち、保険が適用となることがある手術は剪除法と呼ばれるもので、アポクリン腺を除去するという手術です。しかしアポクリン腺だけを除去しても、のちに再発するという事もあるので、アポクリン腺を除去するというだけでは保険の適用とならない可能性があります。健康保険が適用される方法としては、剪除法でアポクリン腺とエクリン腺、さらに皮脂腺まできれいに除去し、臭いのもと、原因となるものを徹底して排除し、再発する事のない施術をするという事が必要です。

ニューレと呼ばれる細い管を挿入し、アポクリン腺を吸引するという方法は多くのクリニック等で行われていますが、再発率の高い施術といわれます。勿論この方法で臭いが全く出なくなったという人もいますが、完全に元に戻ってしまう事もあります。シェーバー法は高速移動する刃を利用し、汗腺組織を削り取ってしまうという方法です。傷も小さく効果も高いといわれますが、この場合、施術する医師の技術によると言われます。また、皮脂の厚みによって汗腺がしっかり除去出来たかどうかを確認するという事になるので、取り残しも否めないのです。ボトックス注射による方法は乳輪等の施術できない部分について匂いを抑える効果があります。こうした施術の中でも、健康保険の適用が可能となるのは、剪除法です。



臭いの悩みを解消しよう



剪除法は保険が適用されることの多い方法です。健康保険が適用されるかどうかは、わきがの施術を行うクリニック、病院で確認してみましょう。インターネットにホームページを持っているクリニックなどの場合、保険が適用となるかどうか説明されている事もあります。剪除法という方法は、直視下摘除法とも呼ばれる方法で、最も有効的な施術といわれます。わきのしわを1カ所だけ2㎝程度切開し、アポクリン汗腺とエクリン線、皮脂線まで除去するという方法を選択しているクリニックなどの方が、再発する事もほとんどなく安心です。臭いはアポクリン腺から出ているので、これだけを除去するという方法を選択するクリニック等もあるのですが、アポクリン腺だけでは、皮脂腺やエクリン汗腺などを残すことで、臭いがとりきれない可能性がある事、またアポクリン腺の腺根と呼ばれる部分が残ってしまう事があるからです。剪除法については確実な効果があると認められている方法なので、クリニックによっては健康保険の適用によって安い費用で施術できます。

一般的に高額といわれる施術ですが、保険が適用されることで、クリニック等施設によって違いがありますが、10分の1くらいの費用で安く受ける事もできるのです。わきが、臭い、また多汗症などに悩む方は、まず専門クリニックなどに相談しましょう。こうした臭いについての悩みを持っている人は非常に多いという事も理解してください。現代は治療出来るものとなっていますし、実際に剪除法で治療され、すっきりと臭いの悩みを無くしたという方も大勢いらっしゃるのです。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図