わきが TOP > コラム > わきがの治療で知っておきたいこととは?

わきがの治療で知っておきたいこととは?



わきがのメカニズム



わきがは日本においてあまり良くない存在として有名になっているものです。というのもこれには臭いがあるからです。この臭いはあまり良い臭いとは言えないものなので場所によっては非常に気になってしまします。ですから、多くの人はその対策としてタオルや消臭剤などを付けて行動をしていることが多いです。ですが、これはどのような仕組みで臭いを出しているか知っているでしょうか。実は汗が直接的な原因ではありません。むしろ汗は無臭です。しかし、その汗が皮膚にある脂質や糖質、アンモニアなどによって分解されることで臭いを出すのです。それとエクリン腺から出てくる汗が蒸発することでアポクリン腺から出てくる臭いが拡散して臭うという仕組みになります。そして、もう一つ脇毛は汗を溜める役目を持っており、その溜まったところから菌が増殖して臭いを増幅させていくのです。故に、ワキの汗を適度に取ることは対策としては間違ってはいません。

日本では気にする方が多いのですが、実は海外ではそこまで問題視されていないのです。というのも海外はだいたい70~100%の人がわきが体質なので、実際気にしない人が多いのです。その反面、日本の場合は10%であり、少数派ですから臭いに敏感になっているところがあります。ですから、ある意味ではこの体質は海外からすれば当たり前のものです。だからといって対策をしていないと日本では嫌われてしまうこともあるというとても悲しい現状でしょう。そのことでもう一つ重要なことがあります。それは海外の食文化、特に欧米化の食事をすることでそういった体質になる人が増えているということです。要するに欧米風の生活をしているとそのような体質になってしまう可能性もあるので注意が必要です。その点を踏まえて食生活の見直しなどもしていくとよいでしょう。



どのように治療できる?



わきがの体質を治す方法がいくつかあります。その方法を行うことで臭いなどの問題を解決することが出来るかもしれません。ただし、完全に無くせるとは限らないので注意が必要です。方法によっては、ある程度抑えることが出来るものもありますが、完全に治すとなると手術以外に難しいです。そして、その手術もまた完全に治らないこともありますので、その点を考えて対処をするようにしてください。

わきがの状態によって治療方法が異なります。軽度の場合は塩化アルミニウム液を使用して抑えることが出来ます。また、他にも臭化プロパンテリンなどを使用することも出来ますが、あまりおすすめしないものです。

次に中度の手術までしなくても良い状態での場合はボトックス注射や電気凝固法というのがあります。前者は汗の効果を減らしますが臭い自体を抑えるわけではありません。ここまで来ると少しお金がかかることがあり、特にボトックス注射はよく考えて利用するようにしてください。

そしてそれ以上になると手術が必要な場合があります。剪除法や皮下組織吸引法などといった方法で手術をすることが出来ます。ただし、最初にも言ったように手術をしたからと言って100%解決できるわけではないので注意が必要です。それでも剪除法は治療方法としてはもっとも良いとされているものです。また、健康保険を使えるところもありますので、うまく利用して対処をすると良いです。ちなみに、小・中学生は無料で受けることが出来る場合もあります。その年齢で悩むことは少ないですが、悩みを抱えている方は少し考えてみると良いでしょう。



わきが治療は保険が使える



わきがの手術を自費でするとなると両脇で30万円ほどかかります。それでもしたいという人はいるでしょうが、かなり値段が高いです。そこで健康保険を使用してみることをおすすめします。健康保険が適応できることを知らない人も多いでしょうが、わきがの手術には健康保険が適応しているところがありますので、それを使用することで多少金額を下げることが出来ます。ただし、どこでも適用出来るわけではないので事前に確認が必要です。

また、誰でも手術が出来るわけではないです。医師あるいはその場所によって基準をクリアしていないと健康保険で受けることが出来ない場合があります。多くの場合に臭いについて調べて判定されます。人によってはその検査に少し抵抗がある場合もありますので注意しましょう。それと手術方法です。健康保険対応の手術方法がそこで行っていないと適用出来ません。

このように、どこでも誰でも健康保険で手術が出来るわけではないのです。適切なところで手術を行ってわきがの治療をするようにしてください。手術によっても完全に無くなるというのは難しいかもしれませんが、ある程度抑えられることは期待できます。そのため、やらないよりは良い場合はもちろんあります。

これらを踏まえた上でよく考えて治療するようにしてください。場合によっては、手術以外の方法で解決出来ることもありますので、しっかりと相談と説明を聞いてから治療するようにしましょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図