わきが TOP > コラム > わきがの原因を突き止める

わきがの原因を突き止める



臭いの悩みの深刻さ



臭いに関する悩みは、非常に深刻なものになることが多くなっています。自分自身にも、周囲に対しても非常に大きな影響を与えてしまうことありますので、確実に症状を改善させるためにも、わきがの原因を突き止めそれを取り除く必要があります。

わきがの原因については、普段の生活習慣によるものと、生まれつきの身体の特徴が大きく関係しています。例えば元々汗をかきやすいという方は、わきの中で汗が乾き、そこから雑菌が発生することによってより強い臭いを出すようになります。更に臭いが衣類に移ったり、腋毛などの体毛によって拡散される量も増える為、汗はこまめに拭いてデオドラントスプレーなどを使うなど、日常的に利用できる方法を使ってわきがに関する症状を防ぐようにすることも大切です。

症状が軽い間なら、普段の生活習慣の改善と日ごろの汗などのケアをこまめに続けるようにするだけでも、かなりの症状を抑えることができるはずです。更に大きな原因がある場合は、アポクリン腺などの汗腺の働きを食い止めることによって、症状を大きく抑えて強い臭いを感じない体を作ることが出来ます。それ以外の方法にも色々な種類がありますが、基本は臭いの元である雑菌増加を防ぐことで、症状の大半を抑えられます。

しかし、更に強いわきがに悩まされている場合については、効果の高い治療法を医療機関で受けることによって改善することができます。種類については、わきがの症状によっても大きく変わりますし、汗腺の状態やわきの表面など調査や治療が行える場所がそれぞれ異なるので、自分に合う治療法を見つけるためにも、原因については慎重に判断すると良いでしょう。



生活習慣で原因を減らす



体臭に関する悩みを抱えているという方は非常に多く、中には店頭で販売されている薬などでは症状を改善できそうに無いというケースもあります。実際に効果が現れないかどうかは、実際にケアを受けないことにははっきりと分かりませんが、現時点での状態に不安を感じているという方は、自分がわきがかどうかをはっきりさせるためにも一度ちゃんとした検査を受けて、改善できそうな要素は積極的に改善するようにしましょう。

わきが治療に非常に大切なことは、原因が何なのかをはっきりと特定することです。例えば人よりも汗をかきやすいという方なら、汗腺の動きが非常に発達で、簡単にわきに汗が溜まることで、蒸発して汗から雑菌が繁殖して臭いが強くなり、特に男性の場合なら、わき毛をそのままにしているせいで臭いがより広がりやすくなっていることもあります。

こうしたケアについては、日ごろから汗をかいたらすぐにふき取って乾燥した状態を保つようにしたり、わき毛は極力短くするようにしたりと、自分でできるケアでもある程度の改善が望めます。

汗腺に異常が出ている場合なら、汗腺を削ってわきがの症状を抑えるというシェーバー法を行ったり、手術や注射によって汗が出る原因を取り除くイナバ式皮下組織削除除法など、様々な方法で症状を抑えることが出来ます。さらに乳房や陰部など、多汗症によって臭いがきつくなりやすい部位についても、ボツリヌストキシン注射によって、発汗量を抑えて体臭を抑えることが可能です。もちろん患者の症状の現れ方や、臭いの原因について受けられる治療法は異なるので、まずは医療機関で診断を受けることから始めましょう。



同じ原因でも個人差が



体臭に関する悩みを持っている方は大勢いますが、わきがが原因だった場合は、臭いの元を根本から取り除いて、臭いを出にくくすることで問題を解決することが出来ます。具体的には手術によってアポクリン腺と呼ばれる汗腺を取り除くことが多く、最も確実な治療法として広く利用されています。

手術というと、非常に広い範囲を切るものと思うかもしれませんが、実際に手術する範囲は非常に狭く手術後の傷跡もほとんど目立たないので、手術後も水着などを着ても気にすることなく過ごすことが出来ます。

手術が難しい場合だと、専用の吸引器具でアポクリン腺を取り除いたり、汗腺をシェーバーで削り取って汗を出しにくくしたりと、他にも色々な治療法で症状を改善させることが出来ます。ちなみに同じ原因でも症状の現れ方には個人差があり、人によっては手術するほどひどい症状が現れないという方もいます。その場合は日ごろの生活習慣で臭いを抑えることができることが多く、野菜中心の生活を送ることで、たんぱく質や脂質といった臭いの原因を体内から取り除いたり、定期的な運動で老廃物を排出させたりといった方法で治療していきます。

また手術をしても、症状が重い場合は、完璧に治療しきることが出来ずに、症状の軽減に留まることもありますので、治療を受ける際は、どの程度症状を改善できるか、前もって医師に確認を取っておいたほうが良いでしょう。もちろん何もしないままよりもはるかに状況は改善されるはずなので、体臭が気になって外に出ることも躊躇するという方や、デオドラント製品をたくさん使っているのに、効果がまったく感じられないという方は、早めに専門の治療を受けてみるのもおすすめの方法となります。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図