わきが TOP > コラム > わきがの原因と治療方法

わきがの原因と治療方法

わきがの原因と症状



日本人は外国人に比べて体臭が比較的少ない民族という感覚がありますが、そのため日本人はにおい全般、特に体臭などに敏感な方は多いです。薬局などでは、体臭はもとより洋服や室内空間に至るまで、におい対策として消臭剤からオーデコロンの類まで、さまざまな消臭グッズが販売されています。

体臭には敏感な民族性もあるかもしれませんが、わきがについて、その症状に悩んでいる人は多くいます。わきがは、脇の下に特有の臭気を発するアポクリン汗腺という、体温調節のための発汗線から分泌される汗の成分がにおいの原因と言われています。アポクリン汗腺から分泌される汗の中には少量の脂肪酸が含まれており、これが皮膚の細菌によって分解され、悪臭の原因となります。誰もが持っているアポクリン汗腺ですが、腋臭症いわゆるわきがが発症するのは、発汗量の多さとその働きが活発なためであると言われています。

症状として、シャツに黄色い汗染みが出るとか、汗をかいた後ににおいがきつくなるなどですが、正確な診断は医療機関を受診されるといいでしょう。ただ、わきがや多汗症は体質であり病気ではありませんので、軽度の場合は普段から汗に対するケアを十分していれば解決する場合もあります。暑くなる季節には、制汗剤や消臭剤などの数多くのデオドラント製品が販売されていますがこれらは治療薬ではありませんので、根本的な治療を望んでいる場合は、やはり医療機関を受診されることをおすすめします。


わきがの治療方法



現在、わきがを医療機関で治療する場合、保険適用治療となります。保険が適用される医療サービスとして、術前検査、手術費用、術後の通院費があります。さらには稀ですが手術による合併症などのトラブルなどが発生した場合も含まれます。

治療の方法ですが、まず最も治療効果が高いとされているのは手術です。手術方法としては、原因であるアポクリン腺を医師の手により肉眼で丁寧に一つひとつ取り除く剪除法が有効で、多くある手術法の中では確実で高い治療実績のある手術方法です。このように、剪除法は効果が確認されており、また費用面でも健康保険の適用がありますので、受診を躊躇してしまい悩んでいる人は、ぜひ形成外科や皮膚科などの医療機関に相談されてみてはいかがでしょうか。

万が一、他の治療法や手術を受けた後再発した場合も、上記の手術方法できちんとした治療を受ければ必ず完治します。再発の原因はいろいろと考えられますが、少なくとも剪除法で目視し完全にアポクリン腺を取り除くことができれば完治します。アポクリン腺の取り残しなどが原因と考えられますので、肉眼で見える汗腺をきちんとした手術で取り除けば再発などの心配はありません。

次に手術の一般的なスケジュールと注意事項ですが、まず、手術を受ける際にどれほどの痛みなのか気になるところでしょう。痛みについては、最初の麻酔注射以外はさほどありません。局所麻酔で術後は帰宅できますが、手術日当日は安静が必要です。術後の薬も何種類か処方されますが、きちんと服用することで、痛みなどが軽くなります。車の運転、自転車に乗ることや重いものを持つ、あるいは長い距離を歩くなどは避けましょう。術後の診察が数回ありますが、一般的には術後4ヶ月から5ヶ月で問題がなければ終了となります。


わきがの原因であるアポクリン腺について



人間の体には体温調節機能が備わっており、人が汗をかく理由は、運動や病気などで体温が上昇した時に体温を一定に保つためですが、汗腺としては2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺があります。中でもエクリン腺は、主に体温が上昇した時に汗として温度調節のために水分を分泌する汗腺です。エクリン腺は身体中のほぼ全身の皮膚にありますが、ここから出る汗の99%は水分ですので、この汗がわきがの原因にはなりません。

もう一つの汗腺のアポクリン腺ですが、分泌される成分が脂肪酸や尿素、アンモニアなどで粘り気があり特殊なにおいを発する性質を持っています。特に脂肪酸は皮膚の細菌によって分解され、低級脂肪酸となり、これが悪臭の原因と言われています。アポクリン汗腺は腋窩以外にも外耳道や陰部にも存在するのですが、これは動物にとって仲間同士の確認やフェロモンの役割を果たしていると考えられています。アポクリン腺は誰もが持っている汗腺ですが、わきがとなるのは汗腺量の多さやその働きが活発なためと考えられます。

体臭は本人がなかなか気付かず、他の人に指摘されて初めて意識することもあるのですが、その際誰にも相談できずに一人で悩んでしまうことも多くあります。そういった経験をされた人の中には、本人が自分の体臭を過剰に気にする体臭恐怖症や自己臭症と呼ばれる一種の神経症になってしまったケースもあります。デリケートな問題ではありますが、自分でそのにおいの原因が何なのか判断がつかない場合は、専門医に相談されることをおすすめします。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図