わきが TOP > コラム > わきがで悩んでいる方へ

わきがで悩んでいる方へ



わきがを少しでも改善したい人は生活習慣を見直そう



わきがの症状を持っている人たちは世界中に存在しており、海外では症状が当たり前と思っている国も多いと言われています。全く気にしていない国も存在していますが、その中でも日本は臭いに敏感なところだと言われており、その中にわきがも含まれています。できる限り症状を改善したいと思っている人も多いですが、改善するためには原因を突き止めることが大切です。原因といってもたくさん存在していますが、その中でも今回は生活習慣についての原因を紹介していきます。

まず、刺激物は症状を悪化させてしまう原因になります。例えば唐辛子などの辛い食べ物を口にすると自然と汗が大量に発生します。汗を大量にかくことによって老廃物が排出されるので一見臭いを抑えるのには効果的だと思う人もいますが、大量の汗をかいてしまうと根本的な原因であるアポクリン腺を刺激してしまいます。アポクリン腺が大量に発生してしまったら臭いを放つ原因にもなるので刺激物には気をつけるようにしましょう。食べ物について詳しく説明するとその他にもコーヒーや炭酸飲料、肉の脂身などに関しては大量に摂取してしまうと良くないと言われています。できる限り原因とされている食べ物や飲み物は避けるようにすると臭いを少しでも抑えられる可能性が高くなります。

次の生活習慣のポイントとしてはタバコです。ここ数年で禁煙をしている人たちは昔に比べると増えてきていますが、まだまだタバコを吸っている人たちはたくさん存在しています。タバコにはニコチンが含まれていますが、実はこのニコチンがアポクリン腺を刺激してしまう恐れがあるとされています。臭いそのものも増幅させてしまう可能性があるので、少しでも改善をしたいと思っている場合には禁煙をした方が良いでしょう。特に一日に吸う本数が多い人は刺激をしてしまいますので、本数を減らすなどの努力をしてみると良いでしょう。

その他にも睡眠不足はわきがの原因になる可能性があると言われています。睡眠時間が少なかったり、寝不足が続いていたりすると顔がベタベタしたり、脂が通常よりも発生してしまいます。さらさらとした脂は臭いを発生することはほとんどありませんが、ベタベタしているものに関しては雑菌が繁殖しやすい脂になるので臭いの原因になる可能性が高くなります。睡眠不足は一日ぐらいなら問題ありませんが、習慣化している場合には臭いが強くなる可能性もありますし、健康的にも良くありません。規則正しい生活を心掛けることで少しでも改善につなげることができます。このように、生活習慣で体内から発生する臭いは異なるので、生活習慣があまり良くないと思っている人は変えていくと良いでしょう。



わきがの臭いを抑えるには洋服選びにもこだわろう



世の中にはたくさんの衣類が存在していますが、洋服に使用されている素材も様々です。素材によっては臭いが異なるのでわきがで悩んでいる人たちは洋服選びにもこだわった方が良いと言われています。今回は臭いを少しでも改善するために素材について紹介をしていきます。

まず、ポリエステルやアクリルなどの素材については化学繊維になりますが、これらは石油由来の成分から作られているものなので臭いを逆に強めている原因になります。例えば軽度の人でも服の素材によっては臭いが強くなると言われているので、できる限りポリエステルやアクリルなどの素材は避けた方が良いでしょう。

では、どういった素材が臭いに悩んでいる人に向いているのでしょうか?実は素材については限られてしまいますが、一番良いと言われているのが綿や麻になります。これらは植物繊維でできている素材なので化学繊維の素材よりは臭いを外へ出すことは少なくなります。その中でもコットンは値段も高くないので購入しやすい素材になります。コットン以外の素材の洋服を着たい場合にはコットンのTシャツなどを購入してインナーとして使いながら別の素材を着こむようにすると綿の素材が臭いを守ってくれます。



原因が突き止められなかった場合には治療をしよう



わきがの原因は様々ですが、実際に人によって症状は異なります。軽度の人もいれば重度の人もいます。特に重度の人に関してはなかなか臭いを抑えるのは難しいと言われていますが、治す方法としては治療を受けることが効果的になります。治療をするにあたって多額の費用が必要になると思っている人がいるかもしれませんが、実際には保険治療を行ってくれるクリニックも存在しています。健康保険が使えれば治療費を抑えながら症状を治していくことができるのが魅力的です。色々な対処方法を試したけど、なかなか治らないと思っている人はクリニックで相談をしてみると良いでしょう。

治療方法や料金についてはクリニックによって異なりますが、費用についてはなるべく安く抑えたいと思っている場合は保険治療が可能なところを選び、治療方法は片方ずつ確実に治してくれるところがあるので、治療内容についてもこだわっているクリニックを利用すると良いでしょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図