わきが TOP > コラム > 気になる体臭~体臭はどこから来るの?~

気になる体臭~体臭はどこから来るの?~

体臭とはその字の通り体から発生する臭いです。体臭はその人によってにおいが異なるもので、自分自身のにおいに関しては毎日嗅いでいるので気づかないことが多いのですが、他人のにおいはその人とは異なるため、気づきやすいです。そもそも体臭はどこから来るの?という疑問に迫ってみます。食事で摂取した栄養成分は最終的には腸内に届きます。腸内では血液を通して体内に運ばれる栄養分や水分と、尿や便として排出される部分とに排出しているわけですが、100%分けることが出来ているのかと問われるとそうではありません。尿や便として排出されるはずの老廃物や汚物が血液中に入りこみ、汗や皮脂などの分泌物と一緒に体外に排出される時に、体臭としてにおってくることになるのです。においの強さは人によって異なるのはご存知だと思いますが、汗をかきやすい夏の季節やスポーツをして汗をかいたあとは、普段はそんなに気にならないような人でも強烈なにおいを発生させてしまうことは少なくありません。また、若い時にはあまり気にならなかったような人でも、年齢を重ねて行く毎に加齢臭として独特なにおいを発するようになるものです。においは発生しやすい場所、しにくい場所がありますから、ポイントを押さえておくと効率的なケアができるようになります。


体臭をなくしたいと思っている人は、メカニズムをきちんと理解しましょう。まず原因として真っ先に思いつくのは「汗」ですよね。人間の汗は皮膚の表面に無数に存在する穴から排出されるものですが、皮膚表面の全ての穴から排出されるかというとそうではありません。大きく分類すると汗を排出する穴と、皮脂を分泌する穴とがあり、それぞれに異なる機能を持っています。汗を分泌する穴にはエクリン腺、アポクリン腺と呼ばれる穴があり、アポクリン腺がにおいと関係する穴となります。これは体全体に存在しているわけではなく、脇の下、乳輪、デリケートな部分など、体の一部にしか存在していません。アポクリン腺から出る汗には、汗そのものににおいがついているため、その部分から分泌される汗はにおいやすくなります。またエクリン腺から出る汗は無臭でも、皮膚表面の雑菌、皮脂、垢などと混じり合い、においを発生させてしまいます。皮脂じたいにもにおいはありませんが、空気に触れることにより酸化してにおいやすくなります。においの対策には食生活、生活習慣の改善により改善できるようになり、サプリやボディケア用品を用いて予防することも出来ます。現代ではいろんな商品がありますから、それらを用いて是非改善・予防をしてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図