わきが TOP > コラム > 子供のわきがは気遣いをしなければ、深い傷を負うかもしれない

子供のわきがは気遣いをしなければ、深い傷を負うかもしれない

体臭は遺伝もありますし、体質の問題によるので子供でもわきがになることはあります。わきがを発症するのは思春期に入って大人の体に近づき始めてからが通例です。食生活の欧米化などにより、体臭を発しやすくなっているのが原因と考えられていますが、本人が自覚して悩むようになるまでは親は過剰な心配をする必要はありません。親から子供に対して体臭が臭うからデオドラント剤を使ってはどうかと薦めると、本人が自覚していない場合には傷ついてしまう一生心に残ることにもなりかねません。デリケートな問題ですので本人が自覚して悩み始めた頃に、親から声をかけるように子供をよく見ておく必要があります。自分の子供が体臭が原因でいじめに遭ってしまうのではないかと恐れている親が数多くいますし、実際に匂いがもとでいじめのきっかけになることもあります。臭いと言われれば存在を否定されているのと同様のことなので、深く傷つき人格が変わってしまうことすらあります。そのことを恐れて子供にアドバイスをしようとする親の気持ちはわかりますが、思春期などの多感な時期に親からやんわりと言われても結局は臭いと言われているのと同じことなので、慎重な対応を取る必要があります。



わきがの治療は小学生から可能ですが、できれば中学生くらいになってからが良いでしょう。あまり小さいうちに手術を行っても、手術後に大人の体に変化していくのでわきがの原因であるアポクリン腺も本人の成長と共に成長していく場合があります。アポクリン腺から分泌された汗がわきが臭になるわけです。常に清潔に保っていることで臭いは防げますが四六時中わきを洗うことは不可能です。幼いうちに手術を行っても再発のリスクがありますし、本人に精神的な負担をかけることにもなるので、成長してから治療を行う方が良いのです。子供のわきがを心配しているのならば、衣類に消臭するスプレーを使用することです。デオドラント剤の使用を勧めると体臭が臭うと言うことを突き付けていますが、衣類に消臭するスプレーであれば本人を傷つけずに解決することができます。学校生活で周囲から気づかれることがなくなれば、いじめの対象になるリスクを回避することができます。中学生になり、体臭を自覚し始めたらデオドラント剤を使用するようにすれば良いと思います。しかし、小学生で自覚がない頃には親が配慮をしてあげないと心に深い傷をつけることになりかねないので注意をしてください。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図