わきが TOP > コラム > 子供のうちからわきがになってしまった場合の対処

子供のうちからわきがになってしまった場合の対処

子どもでもわきがになる


子どものうちからわきがになってしまうことがあるのか、という疑問を持っている方は少なくないのではないでしょうか。特に自分のお子さんに、その可能性がある場合だとなおさらですし、子供がわきがなのか、もしそうならどのように対処したらいいのかと頭を悩ませている親御さんもいることでしょう。結論からお話しすると、子供のうちからわきがになってしまうことは実際にあります。今現在わきがで悩んでいる子供もおり、対処に困っている親御さんも大勢いるのが現実と言えるでしょう。
子供がわきがになってしまう時期ですが、第二次性徴期がもっともなりやすい時期です。この時期に臭いの元となるアポクリン腺が増加するので、そのためわきが発症してしまいます。遺伝の要素もあると言われていますから、もしご両親や親族の方にわきがを発症している方がいる場合は、子どももなってしまうことが多いです。第二次性徴期を迎えている子どもで脇からの臭いが気になるという場合は、一応わきがである可能性を疑ってよいでしょう。
また、白いシャツを着ているときに脇の部分が黄色くなってしまうのは、わきがある可能性が高いです。もちろん、必ずそうというわけではありませんが、脇汗による黄ばみができてしまうことが多いのです。また、耳垢が湿っている場合も、わきがの可能性が高いですから注意しましょう。自分で自覚症状があればまだいいのですが、自覚症状がなく周りの視線が気になったり、周りの人から臭いを指摘されている場合は、わきがの可能性が高いでしょう。このように、子どもでもワキガになることはありますから覚えておいてください。

両親はメンタルケアをしっかりと


お子さんが脇の汗やにおいで悩んでいるのなら、まずは病院に行くことですが、なかなか病院に行きたがらない子供もいます。第二次性徴期だとちょうど外見的なことが気になる年頃ですし、いろいろなことに多感になっている時期でもあります。病院で医師や看護師の視線にさらされてしまうのがイヤと感じる子どももいますし、病院を毛嫌いするような子どもも実際にいます。いずれは病院で治療を受けたほうがいいのですが、両親によるメンタルケアも大切ですから覚えておきましょう。
わきがだと独特の臭いを発していますが、本人はなかなか気づかないケースもあります。本人は自覚していなくても周りから臭いとバカにされてしまったり、それをネタにからかわれたりイジメに発展するようなケースも考えられるでしょう。多感な時期にこのようなことが起きてしまうと、酷いコンプレックスになってしまったり、大きなストレスになってしまう可能性も考えられます。もしかすると不登校になってしまうかもしれませんし、部屋に引きこもってしまうようなこともあるかもしれません。
このようなことにならないよう、病院で治療を受けるまでの間は、両親がしっかりとメンタルケアを行ってあげるべきです。まず、治療すればしっかりと治せるということを教えてあげましょう。自分は一生このままではないかと不安になっている子供もいるでしょうから、安心させてあげることが大切です。疎外感を感じていたり、すでに心に大きな傷を作ってしまっている可能性もありますから、そうしたことも踏まえたうえで接してあげることが必要です。

とりあえず病院で相談する


しっかりと治療するためには病院で診察、治療を受ける必要があります。わきがの治療を行っている病院やクリニックはたくさんありますから、最終的には治療を受ける方向で考えてあげましょう。ワキガの治療は保険適用外と思い込んでいる方が意外にたくさんいますが、治療は保険が適用されます。多くの方が思っているよりも手ごろな費用で治療ができますから、現状を打破するためにも、クリニックでの治療を前向きに検討するべきでしょう。お子さんが乗り気でないのなら、それを説得してあげるのも親の役目です。
まずは相談だけでも大丈夫という病院もありますから、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょうか。治療を行っているクリニックによっては、公式ホームページ上で相談だけでも可とアピールしているところもありますし、そのような病院だと安心です。相談してみないことには治療の方針なども分かりませんし、どの程度の治療費がかかるかも分からないでしょう。病院によっては治療費もホームページに掲載していることがありますが、ほかにも雑費がかかってしまうケースがありますから相談時に確認することが大切です。
実際に相談に足を運び、お子さんともきちんとコミュニケーションを取ってくれるようなドクター、看護師がいるクリニックなら安心です。多感な時期のお子さんの治療を任せるわけですから、コミュニケーションスキルの有無は重要な部分です。年頃の子どもにもきちんとした態度で接してくれるかどうかは大切なポイントですから、相談に訪れたときにはそうした部分もチェックしてください。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図