わきが TOP > コラム > 体臭などの臭いを抑えるには様々な方法があります。

体臭などの臭いを抑えるには様々な方法があります。

汗をかいたままそのまま放っておくと、どうしても体臭発生につながってしまいます。もちろん、スポーツをしたときの汗など、サラッとした汗はにおいが少ないのですが、それでも全部を抑えることは無理です。 ましてや、普段から運動等をせず、べたついた汗をかいている人は、汗そのもののにおいが強いので、それによって発生する体臭も、においがきついものとなってしまいます。 汗による体臭発生の問題を解決するポイントは、汗を抑えること、そして出てしまった汗は肌に残さないこと、この2つです。 かいた汗が肌に残ると、これがにおいの原因となってしまいます。汗をかいた後に放置せず、肌に残さないようにすることも、大切です。ねっとりとべたつく、においの強い汗。これらの臭いを抑えるには、制汗スプレーなどの制汗剤です。市販の制汗スプレー等を使うのはもちろんのこと、手作りミョウバン水なども使えます。 使う際のポイントは2つあります。まず香料が入っていない無香性を選ぶことです。なぜかというと、香料が入っていた場合、汗の成分が混ざって不快なにおいを発してしまう可能性があるからです。 次に、制汗剤を使いすぎないことも大切です。効果をよく出したいからと制汗スプレーを長時間当てるようなことをしていると、その部分の毛穴・汗腺が詰まって、肌トラブルを起こしてしまう可能性が出てきます。


汗を肌に残さないための工夫体臭発生を抑えるために、なるべく汗を肌に残さないようにするためには、まずは肌につく衣服の素材から選ぶ必要があります。 ポリエステル製のブラウスなどを肌の上に直接着ると、通気性も吸湿性も悪いので、肌とブラウスの間にべったりと汗がつく、という状態になってしまいますので避けましょう。 綿素材のシャツなどを下に着るのがおすすめです。 また、汗の多さが気になる脇の下などは、汗取りパッドを使うのもおすすめ。さらにこの汗取りパッドに、あらかじめミョウバンや銀イオンなどをスプレーしておくと、汗を吸った後のにおい発生を抑えられるというメリットも期待できます。 そして何より、汗をかいてしまった時は、可能な限りすぐに拭き取るということが大切。汗を拭き取る際は乾いたもので拭くのではなく、濡らしたハンカチなど、水分のあるもので拭きましょう。このほうが、肌に汗が残らず安心です。例えば、床にドロッとしたカレーを落として、乾いたぞうきんではなかなか拭き取れませんが、濡れたぞうきんで拭けばかなりきれいに拭き取れます。濡らしたハンカチもこれと同じ原理で活用できます。乾いたものと濡れたものとでは、このように効き目が違ってきます。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図