わきが TOP > コラム > わきがの原因になるアポクリン腺とは

わきがの原因になるアポクリン腺とは

人間は体温を調節するために汗をかきます。その汗を分泌するのが【汗腺】と呼ばれる器官です。実はこの汗腺と呼ばれる器官には2種類あり、一つが「エクリン腺」もう一つが「アポクリン腺」と呼ばれるものです。どちらもほぼすべての人間に存在しているのですが、エクリン腺は主に体温調節の為に機能しています。対してアポクリン腺はわきの下や下腹部など存在する場所が決まっており、人によってその数や汗腺の大きさが違います。主に体温調節と言う人が生きる上で非常に重要な機能を持ったエクリン腺と違い、その働きの全ては解明されていません。現在わかっているアポクリン腺の影響としては「ワキガの原因」という事です。ワキガの原因となるアポクリン腺は人によって数などが違うため、ワキガになる人とならない人がいます。しかし、日本人にこそ珍しいワキガですが欧米などでは逆にワキガでない人の方が少ないという報告もあります。その為、欧米などでは臭いに対する認識が大きく違い、日本のように体臭やワキガを積極的に意識することは多くありません。お国柄というよりも、人種の違いという部分が非常に影響しているようです。つまり、本来はそれほど気にする必要のあるものでは無いと言うことです。


すでに説明しましたがアポクリン腺とはワキガの原因となる汗を分泌する器官です。しかし、本来ここから分泌される汗は「無臭」なのです。エクリン腺からの汗は無味無臭でサラサラとしているのに比べて、エクリン腺からの汗は乳白色で粘度のある汗です。分泌された時点では無臭なのですが、皮膚上に出た時に皮膚常在菌の繁殖を促すことによって臭いの原因となります。エクリン腺からの分泌物は99%は水分であるのに対し、アポクリン腺から分泌される分泌物には脂肪・鉄分・尿素・アンモニア・タンパク質などが含まれています。その成分が皮膚常在菌の餌となるわけです。アポクリン腺は一度汗を分泌すると丸一日、24時間ほど活動を停止します。その為、上記でも書いた通り体温調節としての機能はあまり期待できません。そして、人によって数が違うことや体毛の濃い部分などの特定の部位にしか存在していない事から「フェロモン」に関わる機能を持っているのではないかと言われています。まだ人間が他の動物と同じようなレベルの段階だった時点では、求愛行動などに臭いを発していたが、進化の過程において知能が発達したためその機能が不要になったのではないかと考えられます。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図