わきが TOP > コラム > わきがの人の服の臭いはこまめにとる意識を

わきがの人の服の臭いはこまめにとる意識を

わきがの人の服について記述します。ほとんどのわきがの人は、朝制汗剤を使用してから外出し、かばんにも携帯用の制汗剤を入れて持ち歩いていると思います。ランニングシャツなどは着ないで必ず袖がついた肌着シャツを着るという人も多いでしょう。それでも白いシャツが黄色く変色するくらい分泌物が多い人もいます。夏場は朝出勤して、会社で肌着を着替えて、仕事が終わったらまた着替えて帰るという人もいます。わきがの人は、そうでない人より汗の量が多い傾向にあります。とにかく臭うので衣類は毎日洗濯する必要があります。最近の洗濯用洗剤は脱臭効果もあるので、洗濯すればある程度臭いはとれます。しかし、変色はとれないので、漂白剤につけて色をとります。パジャマもそうです。直接肌に触れる衣類はとにかく毎日洗うようにしましょう。夏場は、パジャマがわりに薄いTシャツなども活用し、洗濯物が貯まらないよう乾きやすいよう工夫すると良いでしょう。とにかく、放置すると、臭いがとれなくなるのでこまめに洗うことが重要です。ワイシャツも当然毎日洗います。汗をかいたら洗うということを習慣にしましょう。


わきがは本人にはわからない気付かないと言いますが、衣類のわきの部分をよく嗅いでみるとわかるでしょう。前述で、洗濯すればある程度臭いはとれると書きましたが、衣類が古くなってくると臭いはとりきれなくなります。もしそうなったらその衣類は処分するしかないです。女性は、袖のない下着やタンクトップなども着ますから、トップスにもやはり臭いが付きます。色物やデリケートな素材ですと色物柄物用の漂白剤などを利用して洗濯しても、毎回は洗濯しないので、変色して結局1シーズンで処分対象になってしまうこともあるでしょう。特に淡い色のトップスのわきが対策はやっかいです。真っ白なら漂白剤も使えますが、クリーム色とか、白地に柄が入っていては強力な漂白剤が使えないからです。脱臭効果のあるスプレーなども試してみても良いですが、あまり臭いはとりきれないように思います。比較的軽いわきがの人は、よほど汗かきでない場合、本人が自分で臭いと感じないこともあります。そのため、家族など周囲の人が指摘しても本人は実感しないようです。臭いは周囲に不快感を与えることもあるので、身だしなみとして注意を怠らないよう気をつけたいものです。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図