わきが TOP > コラム > わきが、食事・栄養素について考えます

わきが、食事・栄養素について考えます

わきが、食事・栄養素について考えます。そもそもの原因の一つは食生活が昔とは変わってきたことがあげられます。昔ではファーストフードがそもそも存在しなかったわけですが、今はファーストフードのおかげで簡単に食事を取ることが可能になりました。ただその問題が出てきただけなのだと思います。ファーストフードはお手軽ですが油や肉を多く使用している料理です。そして販売されているジュースには大量の砂糖が入っています。砂糖はお菓子にも入っていますし、アイスにも大量の砂糖が使用されています。そしてデザートだけではなく、惣菜パンにまで砂糖が入っている始末です。すべての食品に砂糖や塩分が含まれているのだとしたら、体に異常が出てくる人が多くなっても驚くことではありません。なんだか便利な世の中になった分だけ厄介な時代になったものだと思います。だからまずやるべきことと言えば砂糖と塩の取りすぎをやめることです。もちろん無理をしてまでやめることはありません。自分がどれほど砂糖や塩を取っていることを理解したうえで、量を調整していけばいいだけです。いろいろと調べて見るとびっくりするはずです。ほとんどの食品に体に影響が出るものが入っているのです。


そこでまず重要になってくることは一日一食は自分で作ることです。大抵出来上がったものにはまず砂糖や塩がけっこう入っています。食品の裏側を見れば大体分かります。ほとんどの食品に砂糖と書いてあるはずです。それもネットで調べればわかるのですが、信じられないくらいの量が入っています。だからできるだけ自分で作る、もしくは手作りのお店で惣菜を買うようにすることが必要になります。食べると分かると思うのですが、砂糖が大量に入っている食品と手作りの食品では味がずいぶん違います。おそらく味が落ちないように砂糖を大量に使っているのだと思いますが、そもそもそれが人体に影響を与えている原因です。ただ今度は自分で手作り弁当を持っていこうとすると別の問題が浮上すると思います。夏だったりしたら弁当が悪くなってしまうかもしれません。こういった問題を考えるとどっちを選べばいいのかよくわからなくなってしまいます。体に悪いものを食べるのか、食品が傷みやすいものを食べるのかは難しい話です。おそらくこういった理由から大量の砂糖や防腐剤、食品添加物が使われているのだと思います。実際問題食中毒が起こったら一大事ですしわきがくらい気にするなという事でしょう。ですから自分で食事を注意するしかありません。そういう食品や飲み物が増えてきていることを理解しましょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図