わきが TOP > コラム > ちょっと気になる「わきが」人口

ちょっと気になる「わきが」人口

体臭でもっともポピュラーと言えば「わきが」でしょうか。自分の体臭について気にする人は結構いるようです。若い頃は、あまり気にしない人も、30才を超えると加齢臭がプラスされ、なんだか臭い気がすると言う人もいます。しかし、噂では、自分のわきがは、自分では感知できない。というようなことを聞くことがあります。自分の知らないうちに周囲の人たちに自分の体臭で迷惑をかけているかと思うと、とても申し訳なく、とても怖い話ですよね。今日は、この「わきが」に関して、少し掘り下げてみたいと思います。わきがの発生するメカニズムですが、アポクリン腺と言われる汗腺が原因になっています。このアポクリン腺は、主に耳の中、脇、性器の周辺に存在します。単純にアポクリン腺が多い人は、臭く、アポクリン腺が少ない人は臭くないという訳です。自分のアポクリン腺に関しての評価の仕方ですが、耳垢が湿っている人はアポクリン腺が多いということが言えるので、注意が必要になります。ただし、自分の体臭は、自分では感知できない、というのは、全く根拠のない噂話で、自分の体臭は、多少感知しにくいということはあるかもしれませんが全く感知できないということはありませんので、自分で気にならない範囲であればセーフティーラインです。では、気になる「わきが」人口は、どれくらいの割合で存在するのでしょうか。


ちょっと気になる「わきが」人口は、いろいろな説があるのですが日本人の中の10~15%と言われています。日本人と聞いて、民族毎に割合が違うの、と思った方がいると思います。そうです。これは、民族毎に違いがあります。大体、欧米人70~90%。日本人10~15%。中国人・韓国人3~5%と言われています。欧米人の方は、かわいそうですが、やはり、ほとんどの方が耳垢が湿っているとのこと。その為、西洋では、古くから香水が発展しているのです。海外の空港などの人ごみに行くと、いろいろな香水が入り混じって不思議な臭いです。中国人、韓国人の方、うらやましいですね。遺伝の観点から言えば、体臭の少ない方は、中国系と言えるのかもしれません。では、最後に対策について書かせてもらいますと、初めにアポクリン腺が体臭の原因になると書きましたが、アポクリン腺自体が臭いを発するのではなくアポクリン腺を好む細菌やバクテリアなどが臭いを発するのです。その為、きれいに洗い流せば、体臭が改善されるということになります。消臭スプレーや、体臭を消す下着など、対策グッズが開発されているので、利用するのも有効です。基本は、清潔にし下着をこまめに替えることで有効な対策になります。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図