わきが TOP > コラム > いじめの対象になる「わきが」で悩む高校生たち

いじめの対象になる「わきが」で悩む高校生たち

わきがで悩む高校生急増中


体臭がキツイと聞くと外国の方のイメージがあると思われがちですが、実はいま日本でも体臭が気になる方が増えていることをご存知でしたか?特に中高生ぐらいの年年令になると、わきがで悩む子供たちが増えるのです。いわゆる思春期といわれる時期に入ると、男の子、女の子問わずホルモンのバランスが乱れやすくなります。成長ホルモンが活発に働くことは成長している証ではありますが、この時期にニキビが出来やすくなったり、体毛が濃くなったりするのもホルモンバランスの乱れが原因と言われています。
特に高校生になれば異性の存在が気になり始める時期ですから、臭いに敏感になるのも頷けますね。中には自分がわきがになったことで学校に行けなくなった生徒や、イジメの対象になってしまうことも少なくありません。イジメは簡単に片付けられる問題ではなく、深刻になれば取り返しのつかないことが起きてしまうことも考えなければいけません。臭いに関する悩みは本人にしてみるとそのぐらい深刻なものなんですね。親にも友達にも相談できなくて悩んでいる生徒は少なくないのです。
臭いがきっかけとなり、以前は明るく活発な生徒だったのに、なぜか急に大人しくなって印象が変わったというケースもあります。悩めば悩むほど落ち込みやすくなり、人付き合いが苦手になってしまうことも考えられるので、早めの解決が必要になってきます。

わきがの手術は早まらないほうがいい?


最近では医学や美容整形の技術がどんどん発展しており、わきがの手術も比較的容易になりました。これによってわきがで悩む人は問題解決ができるのですが、実は答えを急がないようにという声もあるのです。なぜならば、わきがの手術をすることで少なからずデメリットが生まれてしまうためです。
そのひとつは「多汗症」です。臭いそのものはなくなるため臭いの悩みからは開放されるのですが、手術をしたことで多汗症を発症するケースが報告されています。手のひらに汗をかきやすくなったために問題用紙や教科書がベタベタになるとか、体育などでクラスメートと触れ合うときに手汗が気になって触れない、手をつなげないなどの悩みも発症してしまいます。このデメリットは酷い場合だと着ている洋服が汗でびっしょりになることもあります。臭いの悩みが解消されたのに、まさか今度は多汗症で悩むことになるなんて、という事になりかねません。まずは焦らずに、手術以外で出来ることからはじめませんか? 
わきがは、わきの下のアポクリン汗腺という場所から出てくる汗が原因の元となっています。アポクリン汗腺は、他の汗腺とは違う汗が出ることが分かっています。通常の毛穴から出る汗には塩分が含まれているだけなのでそれほど臭いは発生しません。ところがアポクリン汗腺から出る汗にはミネラルやたんぱく質が含まれているので、汗をかいて1~2時間程度経つと臭いが出始めます。臭いが出始める仕組みは、汗がでる→肌表面の悪い菌と混ざり合う、この流れです。これで、独特の臭いが発生するのです。この仕組みさえ理解していれば、手術を急がなくてもさまざまな対策を取り入れることができますよ。

わきが対策を取り入れた生活を


まずは食生活を見直していきます。体臭に関しては海外の方のほうがキツイと感じることはありませんか?それは海外の食生活は肉中心だからなんです。日本人に比べるとお肉を食べる量が非常に多いため、お肉に含まれるたんぱく質がわきにあるアポクリン汗腺を刺激してしまいます。これを踏まえて考えれば、お肉以外にも野菜や海藻類などバランスよく栄養を取り入れることが大事であることが理解できるのではないでしょうか。
お肉を絶対に食べでは駄目ということではありません。それこそ栄養が偏り、高校生の成長期に栄養バランスが崩れて体に大きなダメージを与えてしまいます。お肉を食べること自体は問題ではなく、お肉に含まれた不要な栄養分を体の外に排出する力が必要なんです。そのためには、食物繊維をたくさん含んだ食材を取り入れることが大事だということがお分かりいただけたでしょう。
食物繊維をたくさん含む食材といえば、代表的なのがゴボウです。きんぴらごぼうや煮つけなどでもいいですね。そのほか、豆類、きのこ、芋なども食物繊維がたっぷりです。煮物はちょっと苦手という場合はサラダでもいいでしょう。若い女性たちの間で流行っている「クリーミー豆腐」はいかがですか?普通の豆腐を水切りして、ミキサーなどでトロトロにするだけで出来上がりです。粒マスタードやオリーブオイルなどを混ぜれば簡単ドレッシングが出来上がり。食物繊維が豊富な大豆を使った豆腐が栄養満点のドレッシングに生まれ変わります。温野菜をクリーミー豆腐でいただけば、さらに野菜不足が解消されます。
食事を変えれば体質が変わることを、ぜひ覚えておいてください。後は汗をかいたらこまめに拭くこと、デオドラントケアをすること、これを並行して続けていけば、悩みを軽減させてくれることでしょう。

次の記事へ

わきが|銀座形成外科AYC

  • わきが TOP
  • 多汗症
  • よくある質問
  • ご予約から施術まで
  • クリニック概要

受付時間

休診日のお知らせ

日曜日・祝際日は休診

 

地図